• HOME
  • アルゴリズム改良後のハッシュタグ検索について

アルゴリズム改良後のハッシュタグ検索について

アルゴリズム改良後のハッシュタグ検索について

こちらは前回お伝えした事と少し重複しますが、具体的なハッシュタグを例に挙げてご説明します。

ハッシュタグは、段階的な調整が必要となるものである事には変わりありません。

(段階的な調整→自分の投稿のフォロワー数と規模で単位時間あたりにイイネ!をもらえる数字から、ハッシュタグを最適化する事。

そのための効率化を更に掘り下げた内容が下記になります。

 

ミドルタグを狙う

ミドルタグとは、

ビッグタグ程ではないですが、投稿件数も検索ボリュームもそれなりにあるハッシュタグを指します。

例えば、私が最近よく投稿する”マイホームネタ”。

#interior #instahome といったハッシュタグを付けていましたが、

#interior → 20,910,975
#instahome → 2,891,043

と、なかなかの激戦区である事が分かります。

上記を、下記ハッシュタグに変えると

#家 → 358,169
#新築 → 299,358
#マイホーム → 688,122
#暮らしを楽しむ → 172,036

こちらであれば、人気投稿に食い込めそうです。

フォロワー数がまだ少ない方は、もっと投稿数の少ないタグを狙い、

全力で素晴らしい世界観をアピールできるお写真を投稿してください。

ちなみに私は、10万前後~70万前後の投稿数のミドルタグを狙って付けています。

 

しかし最初は、なんともとんちんかんな方法でハッシュタグを付けていました。

英語がカッコイイから!という理由でローマ字のハッシュタグばかり付けたり、

沢山フォローされている方のハッシュタグをコピーペーストで使ったりしていました。

これは大きな間違いでした。

とにかくハッシュタグを入れ替えればリーチが増えてフォロワーが増えるはずと考えテクニカルな部分を先にやってしまうと、

中身がついてこずフォロワーもついてきません。

単純に成功事例を真似してハッシュタグハックをしてフォロワーが増えるのは、

既に世界観が確率され成功している人だけです。

 

ユーザーインターフェースの変更

最近ハッシュタグ検索において大きな変更があった事と言えば、

左側に人気投稿として「トップ」が表示されるようになり、

右側に「最近」(新着投稿)が表示されるようになりましたよね。

こちらに加えて、

アカウントごとに表示される投稿が最適化されているというご説明も、

前回させていただきました。

更に変更があった点は、

同じハッシュタグ内でも、他の投稿と関連性の高い写真が人気投稿である「トップ」へ優先的に載るようになりました。

例えば、Tシャツの写真の投稿に「#テレビ」タグを入れたとします。

今までであれば、

イイネ!率などパフォーマンスがよければ「#テレビ」の人気投稿に出たりしましたが、

現在、その可能性はほぼなくなりました。

数字上のパフォーマンスではなく「コンテンツの類似性」が重要になりました。

分かりやすく言うと、

以前はケーキやアイスクリームなどの人気投稿の中に一つだけポツンと「副業で稼ぐ!」といった写真が上がっていたり、

宣伝しているスパム投稿が結構目立ちました。

投稿内容と全く関係のないハッシュタグをやみくもに付け、

「〇〇〇万稼げます!」などと謳っている業者ははじかれるようシステムが変わったのです。

業者はフォロワーをお金で買っている人もいますし、もはやイイネ!すら買っているので、

残念ながら意外とパフォーマンスがよく、人気投稿に上がってきてしまっていたんですよね。

今回UIが変更された事で、

インスタグラムの検索の質が向上したと同時に、

より一層ユーザーはインスタグラムの検索を活用するようになるでしょう。

 

 

保存数

UIの変更により、

人気投稿(トップ)に上がってきやすい重要な要素として「保存数」が重要な要素になりました。

同じレベルのイイネ数であっても、

保存されている投稿の方が人気投稿に出やすくなったのです。

確かに、

ユーザーに保存したいと思ってもらえるような有意義なコンテンツは、

そもそも人気投稿にピックアップされるべきですよね。

イイネ!もフォロワーがお金で買えてしまう時代ですが、

保存数は買えません。

今回のアップデートにより、

インスタグラムは誠実なプレイヤーが支持されるような世界になりつつあると思っています。