• HOME
  • ビタミンD

ビタミンD

ビタミンD について

Abram Hoffer:Orthomolecular Medicine For Everyone、より

花粉症noteにもビタミンDをお勧めしてます。

われわれ動物はD3(cholecalciferol)を体内で利用しますので、

ビタミンD3の摂取がお勧めです。

人は太陽に当たるとコルチゾールという天然のステロイドを分泌します。(7-デヒドロコレステロールから合成)

問題は、現代人は極端なビタミンD不足である事です。

まず、

日に当たらない環境化が多過ぎる点。

お薬などの摂取で、

Dの吸収が阻害される点。

また、高齢になればなるほど、日光からDを合成する能力が低下します。

肥満ぎみ、または肥満の方は、

日に当たるだけではビタミンDが足りないです。

ビタミン剤で補われる事をお勧めします。

早産 4000IU/dayでリスクが50%減
風邪をひきにくくなる 著者、4000IU/day、数日
視力の向上 読者、10.000IU/day、90日で向上
鼻炎、皮膚炎 GM、10.000IU/day、6ヶ月で軽快
週間で日光アレルギーと皮膚の症状が完治
ニキビ 読者の知人、20.000/day、10日でほぼ治る
目の下の酷いクマ 読者、20.000IU/day、3日で完治
怒りの感情、批判精神が強まる 著者、GM複数 20.000IU以上/day
花粉症 GM、2〜30.000IU/day 10日程で寛解
不妊症 読者、20000IU/day、数か月で妊娠成功
日焼け 人により日焼けしにくくなる

2000IU↓
https://iherb.co/3RjfzPKz

5000IU↓
https://iherb.co/y2XogNjB

10000IU↓
https://iherb.co/Aa51Lbv7

ビタミンDとK、ヨウ素↓
https://iherb.co/2MYqYJLb

私はビタミンD15000IUと、「ビタミンDとK、ヨウ素」を摂取。

 

→参考図書(電子書籍のみ)
ビタミンD3奇跡シリーズ ビタミンD3(陽光ホルモン)一日25.000IU~100.000IU一年の超多量摂取実験の奇跡的な結果! Jeff T.Bowles 著 L. Dent 訳

<注意点>

ビタミンD3多量摂取の際は、

相対的ビタミンK2不足になる恐れがありますので、

著者は10.000IU毎にビタミンK2のサプリを摂ることを勧めています。
(著者の摂取量はD3 10.000IUにつき K1 1.000mcg K2 1.000mcg(MK4) K2 100mcg (MK7))
1.000mcg=1.000μg=1mg

ビタミンD3とビタミンAは受容体が同じです。

ビタミンD3の摂取でビタミンAの不足症状が出た場合はAを増やす・Dを減らす・時間帯を分ける等の対応を取られてください。

私は朝はビタミンD3
昼・夜にビタミンA

・ビタミンDの代謝に必要な栄養素
マグネシウム
ビタミンA

ビタミンK
タンパク質

ビタミンDの代謝ではマグネシウム・鉄を消費します。

マグネシウム↓
https://iherb.co/twfUhwu4

効果:ビタミンDの吸収や輸送・活性化。