• HOME
  • 脱ステを早く終わらせる方法

脱ステを早く終わらせる方法

今回は、リクエストにお答えして、

脱ステに関しての記事を本気で書かせていただきました><

脱ステ時の写真が沢山登場しますので、閲覧注意です・・・><;

当時愛用していた、酒さに効果のあるお薬もご紹介します!

また、脱ステの期間には個人差があり、

2年かかったという人もいれば

一年以内の方もいますよね。

私の場合、普通に見れる程度になるレベルに達するまでに一ヵ月半~二ヵ月程でした!

かなり早いと思いませんか?

脱ステが完了すると、様々な苦悩から解放される事は間違いないです。

ステロイドを使っているという苦悩。

この脱ステはいつ終わるのだろうという苦悩。

ステロイドは、使っている間も不安なんですよね。

それに使用中は意外とお肌も不安定ですよね。

使い始めはいいですが、

途中から凄く肌が揺らぎやすくなり、

自分で全くコントロールできなくなります。

それがステロイドの怖さです。

まず、私が”酒さ”になったキッカケからお話させていただきます。

私は元々赤ら顔体質で、

緊張すると顔や耳が赤くなる事がコンプレックスでした。

ある日頬の上部に湿疹のようなもの(軽度)が出たため、

皮膚科に行きました。

するとそこで処方されたものは、

リドメックスというステロイドでした。

私はこれを、ステロイドだという事も知らずに使用しました。

むしろ、ステロイドがどんなものであるかという事も、

全く分かっていませんでした。

湿疹は一瞬で治りましたが、数日でまた再発しました。

再度リドメックスを塗りました。

すぐに治ったのですが、

また別の箇所にプツプツと湿疹のようなニキビのようなものが出たため、

そこにも塗るようになり、

どんどん塗布する範囲が広がっていきました。

塗ると肌の調子が良く、

「もうこの薬さえあれば、どんな美容液も必要ない♪」

と、恐ろしい事を思っていた程です。

肌が綺麗と褒められる事も多くなり、

若く見られ、本当に、魔法の薬だと思っていました。

しかし、そんな魔法も解ける時がきます。

ある日、私はホットヨガに通い始めました。

一ヵ月程通ったある日、

頬に大きな吹き出物が出来るようになりました。

一カ所ではなく、複数カ所です。

頑張ってリドメックスを塗っても効果が無く、

不思議に思いましたが、

ホットヨガに通い始めたという事もあり

「デトックスをしているんだ」と思っていました。

しかし、

この後、取り返しが付かない程

肌は荒れます。

閲覧注意です↓

お薬も全く効かなくなり、

肌は荒れる一方。

おかしい・・・と感じ、すぐにホットヨガを辞めました。

しかし、辞めても肌荒れはおさまりません。

ネットでリドメックスについて調べるようになりました。

”リドメックス 副作用”

この時初めて、リドメックスがステロイドである事。

そして、ステロイドには副作用がある事を知りました。

慌てて別の皮膚科へ行きましたが、

そこで処方されたものは

プロトピックとロコイド(ステロイド)でした。

ロコイドを塗り、マシになったらプロトピックへ切り替えるよう指示されました。

これがまた驚く程効くんです。

一週間も経たないうちに肌は良くなりました。

しかし、マシになりロコイドを辞めた途端、

やはり肌荒れが爆発するのです。

プロトピックは、一切効きませんでした。

私の肌は、ステロイド依存の状態になってしまっていました。

辞めたくても辞められない。

辞めたい・・・と思いながらも、

ステロイドを辞められずに一年が経過しました。

そして、

とうとうロコイドの効果も薄れ始めました。

どんどん増える吹き出物に焦りを感じ、

また新たに病院を探しました。

そこはアトピーで有名な病院でした。

そこで出されたものは、

やはりプロトピックとロコイドでした・・・

そして、

「いつからアトピーですか?」と聞かれる始末でした。

私は、アトピーではありません。

アトピーになった事は一度も無いはずなんです。

しかし、

自分がアトピーなのかもしれない・・・と思い始める程、

肌はめちゃくちゃになっていました。

それでもネットで調べる事を辞めず、

ステロイドによって引き起こされる副作用や症状を調べ続けました。

すると、

”酒さ様皮膚炎”という言葉に辿り付いたのです。

酒さ様皮膚炎とは➡酒さ様皮膚炎とは、酒しゅさと呼ばれる赤みを伴う皮膚症状が生じた状態を指します。主にステロイド軟膏を長期的に使用することによって起こる病気です。しかし使用している方すべてに生じるわけではなく、一部の方に発症することから、遺伝子の関連性も推定されています。酒さ様皮膚炎は症状が治まったり、悪化したりを繰り返すこともまれではなく、長期間に渡る治療が必要となることもあります。

そして、酒さ様皮膚炎の画像検索をしたところ、

まるで自分の肌を見ているかのようでした。

私は、”酒さ様皮膚炎なんだ”と確信しました。

ネットでは、ステロイドを辞めれば最短で3~4ヵ月程でおさまると書いてあり、

凄く希望が持てました。

私は、

肌荒れ覚悟でステロイドを辞める事を決意しました。

その時点で、ステロイドを使用し一年半が経過していました。

”酒さ”で有名な皮膚科を探し、

そちらでどうすればいいかを相談しました。

先生からは、

「今すぐステロイドを辞めなさい」

と言われました。

この時、

やっとステロイドを辞めるよう言ってもらう事が出来、

涙が止まらなかったです。

そして、

「あなたは酒さです。酒さ様皮膚炎ではありません。」

とも言われました。

治らないという事実を知り、

また別の涙が出ました。

ちなみにこちらの病院では抗生物質や漢方が処方されましたが、

胃の弱い私には飲めず、

結局通院はしていません。

ここからは、

脱ステによりどういった肌変化が起こっていったのかを、

当時の写真を使用し

ご説明させていただきます。

このラインより上のエリアが無料で表示されます。

2017年9月8日

辞めて一日ですが、

もう既に相当肌荒れが出てます。

ステロイドを塗っている状態では、

少し肌荒れしてるかな??ぐらいでしたが、

辞めた瞬間こうなります。

2017年9月9日

大きな吹き出物が出始めました。

この日から焦りを感じ、

食生活を見直したり、

沢山ウォーキングをしたりし始めました。(一日3時間のウォーキング)

当時の私はチョコレートが大好きで、一日にダースを3箱も食べていました^^;

一日に3箱も食べるので、

20箱大人買いしていました;

それだけじゃありません。

アイスもケーキも大好きで、毎日2000円分程お菓子を買って食べていました。

今インスタグラムであれだけ糖質制限!と言っている人間ですが、

私が一番依存していたと思います(笑)TvT;

皆様、ごめんなさい(笑)^^;

この日から、甘い物を食べる事を辞めます。

2017年9月10日

この時から精製水×コットンで肌を冷やすようになります。

3時間のウォーキング

バランスの取れた食事を摂取しています。

2017年9月11日

この日も

精製水×コットン

3時間のウォーキング

バランスの取れた食事を意識しています。

2017年9月12日

会社のオフィスでも精製水×コットンで頬を冷やし続けていました。(アットホームな会社だったため)

すると、赤みがかなり引き始めます。

そして、甘い物を辞めた事で、

白い大きな吹き出物が少し落ち着き始めます。

脱保湿すると早く良くなるという情報をネットで見つけたため、

脱保湿も開始します。

2017年9月13日

赤みが結構引いてきているのがお分かりいただけますでしょうか?

この日も変わらず、

精製水×コットン

3時間のウォーキング

バランスの取れた食事をしています。

2017年9月14日

周りからもマシになったね!と言って貰えるようになりました。

しかし、ステロイドの恐怖は、

ここからです。

本格的な脱ステ開始はまだだったんです。

2017年9月16日

肌がゴワゴワし始めます。

乾燥も酷いです。

痒みも出始めています。

2017年9月17日

この日も変わらず、

精製水×コットン

3時間のウォーキング

バランスの取れた食事をしています。

落ち着いているように見えますが、

実際は前日とそう変わりません。

乾燥・痒みが増しています。

2017年9月19日

頬全体に乾燥が始まっているのがお分かりいただけますでしょうか?

かなり痒いです。

乾燥が酷く痒みで一睡もできません。

この後、この乾燥がどんどん広がっていきます。

2017年9月21日

目の周り、首、おでこ、ありとあらゆる部分が乾燥し始め、

痒くて眠れない日が続きます。

必死に保冷剤で冷やしますが、

あまり効果はありません。

常にこの時も精製水×コットンは欠かしませんでした。

この時もまだ”酒さ”について調べ続けており、

日本は酒さの研究が随分遅れている事が判明しました。

海外では酒さに有効な塗り薬が販売されています。

しかし、日本ではまだ買えません。

私は、個人輸入で購入していました。

そのお薬がこちらです。

 

成分や使用用途はよく調べてから自己責任でお使い下さい。

私は副作用も無く、三ヵ月間程使用し辞めました。

何も付けられなかった私には、

本当に救いのお薬でした。

2017年9月24日

もう、首も回せないぐらいに乾燥し、

口も開きません。

ゴハンを食べる時も口が開かず食べにくいです。

自分は、アトピーになってしまったんだと思いました。

寝ている間に顔を掻きむしってしまうため、

血まみれで目が覚めたりします。

自分の意志で眠れない程の痒みなので、

いつも寝落ちでいつ寝たかは覚えておらず

痒みで目が覚める

という状況です。

2017年9月25日

皮むけが始まります。

精製水×コットン

3時間のウォーキング

バランスのとれた食事は欠かしていません。

寝ている間の掻きむしりが酷くなります。

枕は皮まみれになります。

2017年9月26日

皮むけがどんどん酷くなります。

しかし、

精製水×コットンにより

皮むけは驚く程早く終わります。

2017年9月28日

もう翌日には大体皮むけが完了しました。

精製水×コットン、凄いです!!

しかし、痒みは酷いままです。

耐えがたいです。

夜の掻きむしりは相変わらず続きます。

2017年9月29日

口周りの皮むけも

精製水×コットンでかなりマシです。

しかし、乾燥が激しく口が開かず、

痒みも酷いままで睡眠不足が続きます。

変わらず、

精製水×コットン

3時間のウォーキング

バランスの取れた食事をしています。

2017年10月14日

脱ステから一ヵ月ちょっとで、

この状態まで落ち着きました。

しかし、

まだ脱保湿中です。

頬が熱を持ったままです。

変わらず、

精製水×コットン

3時間のウォーキング

バランスの取れた食事をしています。

痒みはかなり落ち着いてきました。

ちなみに、この赤い斑点のようなものは、

ニキビ跡というよりは、毛細血管拡張による赤みが大半です。

酒さ自体、

長い時間をかけて皮膚の下の毛細血管が拡張してしまっています。

私は、酒さ様皮膚炎が顔にステロイドを塗り続けて起こる単純な副作用ではないと思っています。

治る方もいれば治らない方もいますが、

私のように元々赤ら顔体質だった方は、

そもそも軽い酒さだったんだと思います。

そして、その酒さにステロイドを塗り続ける事で酒さが修飾され、

増悪して酒さ様皮膚炎になると考える方がはるかに合理的です。

そもそも酒さは元々は症状が軽い方が多いです。

ちょっと赤くなるの嫌だな、とか、

その程度からのスタートだと思います。

しかも、ニキビや湿疹・アトピーの方は、

皮膚科で酒さと診断されにくいです。

そういった方がステロイドを使うと酒さ・酒さ様皮膚炎(ステロイド酒さ)になってしまうため、

”ステロイドの副作用”だという認識に至っているのだと思います。

また最近では、プロトピックでも酒さ様皮膚炎になるという情報があります。

こちらも、軽い酒さがプロトピック軟膏で修飾され悪化したものなのではという見解に至ります。

2017年11月1日

痒みが落ち着き夜の掻きむしりが無くなったため、

肌が回復し始めました。

変わらず、

精製水×コットン

3時間のウォーキング

バランスの取れた食事をしています。

そして、12月に入ると、

頬の部分を避ければ保湿も出来るようになりました。

しかし、

頬の部分までしっかり保湿出来るようになるまでは、

その後2~3ヵ月程かかっています。

そして、12月の半ばからは、糖質制限も始めています。

2018年6月1日

これが私の脱ステの全てです。

正直、脱ステは辛いです。

しかし、ステロイドを使っている限りは、

いつか脱ステしなくちゃいけない、

いつ肌がむちゃくちゃになるか分からないという恐怖と闘う事になります。

私は、

脱ステをして本当に良かったと思ってます。

今回の情報が、皆様にとって有益でありますように。