• HOME
  • 花粉症に効果のある食事法とビタミン

花粉症に効果のある食事法とビタミン

季節外れですが、

花粉症について分子栄養学の観点からお話をさせていただきたいと思います。

花粉症はビタミンD3でも改善が図れて即効性がありますが、

完治を目指すのであれば糖質制限と高タンパク食は必須になります。

お勧めビタミンD3↓

ビタミンD3で花粉症の症状が軽減した例↓

10000IUから始め、2時間ぐらいで効果がなければ1時間おきに2000IUづつ増量。

効果が出るまで続け、効果が出ればそれがその方の適量となります。

あるお医者様が30名を対象に行った実験では、

平均10000IUで効果ありとの事です。

粘膜もやられますので、

ビタミンAの積極的な摂取も

お勧めビタミンA

よく売り切れますので、幾つかご紹介します↓
https://iherb.co/myNw29Tp
https://iherb.co/HoheeVb1
https://iherb.co/j2Leh1kY

慣れてきましたら高容量を。

https://iherb.co/LcUbPsqG
https://iherb.co/HX2ckHgs

また、チョコレートはヒスタミンを増やすとの情報がありますので

カカオに留意してください。

また、体内の炎症を抑えるビタミンCも必須になります。

https://iherb.co/GuVvAMea
https://iherb.co/Fd2o8DtY
https://iherb.co/3f4jXDUj

花粉症がサプリのみで治ると誤解されていらっしゃる方がおられますが、

花粉症は身体の免疫が弱った際に強く症状が出る事がありますので、

高タンパク食から取り組まれてください。

せっかく高タンパク食を努力されても、

糖質を過剰摂取されていてはタンパク質の吸収を阻害します。

ビタミン剤はあくまでも補助的な要素であるとお考えください。

また、ビタミン剤で思ったような改善が見られない場合は、高タンパク食が理想値に達しておられない可能性が高いです。
また、糖質過多の可能性も高いです。

→体重の3倍gのプロテイン+肉卵 を、数年かけて実現

Abram Hoffer:Orthomolecular Medicine For Everyone、より

喘息、花粉症には、

A50000IU D20000IU ビタミンC腸耐性用量(下痢一歩手前)