右カラムの広告は無視される傾向に

カフェでインターネットビジネスとコーヒーと
web・IT関連

これは最近知った情報です。

多分、遅いぐらいです(笑)^^;

 

ワードプレスでホームページ制作の際、

結構気を付けたいと感じたので備忘録的に書きます。

 

Webユーザーは情報過負荷へ適応するため、

「重要でなさそう」あるいは「広告」のように見えるエリアから注意をそらすように

無意識的に自分たちを訓練してきました。

 

広告、サイドバーに使用しがちですよね。

なので、

サイドバーは”見ないことが当たり前”になりつつあるのでです。

 

しかし、適切にデザインすれば、

コンテンツを発見しやすくし

ユーザビリティをうまく向上させることができます。

 

ピンチのようでチャンスなお話、です。

 

<4つの提案>

・バナー広告に見えないようにデザインを。

・バナー広告から離し、「連座」にならないように。

・サムネイル画像は、有益な情報が即伝わる場合に限り掲載OK。

・関連のある有益なコンテンツを掲載するように。

 

結論から申し上げると、

多くのWebサイトクリエイターの考えに反し、

サイドカラムはグラフィックが少なければ少ないほど

ユーザーからは注目される傾向にあるという事をお伝えします。

デザインをさりげないものにして、

内容はコンテンツに関連のあるものに。

そうすれば、

右カラムはあなたのサイトに価値をもたらしてくれるはずです。

 

少し分かりにくいかもしれませんので、

 

次回もう少し深堀りしたものを書きます。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。