才能のあるなしは結果とは関係が無い

Everyday

こんにちは、tomoです。

今日ものんびりカフェで制作・更新関係のお仕事をしてます。

私は一日平均3~4時間ぐらいカフェでノマドワーカーをしています。

制作が立て込んでいる日は、もう少し長く居座る事もありますが(笑)

 

私は以前、ある会社でweb広告の運用のお仕事をしていました。

通勤時間を含めば一日最低でも会社に10時間以上は拘束され、

順調に進んだとしても年収はたかが知れていたと思います。

 

広告の運用が出来る人は多くは無く、

社会的ステータスも大きいと言えます。

 

それでも、苦手な事もこなさないといけない会社員生活には

疑問も多かったです。

 

意外に思われるかもしれませんが、

自分で事業をした方が案外リスクは少ないです。

私のようなノマドワーカーや、

在宅起業系の方たちと同じ個人事業主的な方法を取るのも良いと思います。

伝手が出来ればそこからお仕事をもらったり、

固定費をかけず、インターネット上から見込み客を集めて売り上げを作ったり。

私はこうして会社員だった頃よりもよっぽど豊かな生活を送っています。

何よりもゆとりが出来たのは、

「時間」です。

時間さえ確保できれば、本当になんでも出来ると思います。

 

「才能があるからそんな事が出来るのでは?」

と考える人もいるかもしれませんが、それは違います。

私は子どもの頃から本当に勉強が出来ず、

なぜ皆と同じように出来ないのか悩みに悩んでいた程でした。

小学校時代は母が居なかった事もあり、勉強より家事をしていました。

小学校が終わると家に走って帰り、

お味噌汁を作り・ゴハンを炊き・洗濯物を取り込み畳む。

小学校2年生からの私の毎日の仕事でした。

高校は親から「家から一番近くて安い高校に行く」よう言われていたので、

当然のようにそうしました。

 

私の基本的なポテンシャルは、平凡よりももっともっと下でした。

ただただ頭が悪かった。

運動神経も悪く、唯一得意だった美術も

秀でていた訳でも無かった。

特別な人間であった事なんて、

一度もありませんでした。

でも今、

自分の力でお仕事を取って収入を得ています。

「私が出来るんだから、

本当に誰にでも出来る。」と思っています。

 

才能が有るからって

結果が出る訳じゃない。

才能が無いからって、

結果が出ないという訳じゃない。

才能のあるなしは、

結果とは関係が無いんだと思います。

 

tomo

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。