胃痛にはタンパク質摂取

Health

胃痛にタンパク質の摂取が有効と気付いたので

詳細を書きます。

 

胃痛が酷かったので、

腸内細菌正常化を図ろうとある本を購入した訳ですが、

色々と調べているうちに

”糖反射”

という言葉に辿り着き、

自分の胃は”糖化”状態にあるのではという推測に至り

糖質制限生活を決意。

 

からの、

”胃痛はタンパク質が足りていないために起こる”

という事実を知り

プロテイン生活を始めています。

最初はお肉や卵を食べるようにしていたんですが、

弱ってしまっている私の胃ではなかなかうまく消化出来ず改善が見られなかったため、

タンパク質の摂取はプロテインに切り替えました。

 

今で一週間ぐらいになりますが、

効果を感じてます。

現在一日に60~80g程のプロテインを朝・昼・夜に分けて摂取し、

ビタミン剤も一緒に飲んでます。

こんな感じです。

グルタミンも一日に数回摂取するようにしており、

調子が劇的に良くなりました。

グルタミン、めちゃくちゃオススメです。

お茶やお水に混ぜて持ち歩いてます。

飲むと胃痛が引きます。

ホントに不思議です。

ちょっと胃の調子が悪くても、

食前にグルタミン・食中のお水にグルタミン・食後のお茶にグルタミン、

で、胃痛は起こっていません。

 

”糖反射”と”糖化”については長くなりますので、

また次回書かせていただきます。

tomo

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。