糖は細胞を焦がす

Health

私が健胃のために努めている糖質制限ですが、

「糖化」は

老化促進の要因としても

最近注目が集まっています。

 

糖の取り過ぎにより

肌がくすみ、動脈硬化、骨粗しょう症、

認知症までも引き起こすと言われています。

 

なぜ肌がくすんでしまうのか。

それは、

たんぱく質と糖が体温で焦がされ、

褐色の物質に変性するメイラード反応が起こっていると言われています。

今流行りのパンケーキ、

卵・牛乳・小麦粉・砂糖を混ぜて焼くと、焼き色が付きますよね。

これは、牛乳のタンパク質と砂糖の糖が焦げ

食品が茶色くなる『メイラード反応』が起こっているんです。

 

たんぱく質 + 糖質 = AGE(終末糖化産物)

 

<終末糖化産物についての深堀り>

タンパク質と糖が加熱されてできた物質であるAGEは、強い毒性を持ち、

老化を進める原因物質とされています。

老化というとすぐに思い浮かぶのはお肌のシミ・シワなどかもしれませんが、

調べるうちに

そんなに生ぬるいものでは無いなという事が分かってきました。

 

AGEが血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞、

骨に蓄積すると骨粗しょう症、

目に蓄積すると白内障の一因となり、

全身の健康に影響を及ぼします。

私の胃痛や酒さも、糖化からきていると言っても過言ではないと

今は思っています。

なので、

AGEを体内に溜めない生活・減らす生活を送ることを意識しています。

tomo

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。