野菜中心でも太ります

Health

お野菜を中心に食べているのに何故太るのだろうと思われる方は、

糖質の高いお野菜に偏っている可能性があります。

太る原因は糖質の過剰摂取です。

食事で上がった血糖値を下げるときに、

身体はインスリンを分泌します。

このインスリンは、

エネルギーとして使いきれなかった糖を脂肪に変えて蓄える働きがあり、

太る原因になります。

 

主食として食べてる、ご飯・パン・麺は、

消化されると最後に糖となって吸収されます。

イモやお菓子などもそうですが、

全て血糖を上げます。

 

一方で、肉・魚・卵・チーズなどには、

糖質はほとんど含まれていません。

 

そもそも人間は肉食です。

歴史をたどれば、火が無かったので生肉を食べていたようです。

日本人の寿命を伸ばしたのは食の欧米化だとも言われています。

平均身長が伸び始めたのも、

肉を摂取するようになったからです。

戦前の

「贅沢は敵だ」

なんて言って日の丸弁当を食べていた時代の平均身長は155センチです。

 

個人的には

お肉を沢山食べられる方であれば

ビタミン剤もいらないと思ってます。

糖化している人はタンパク質を大量に摂取すると気持ち悪くなるので、

MEC食(お肉200g・チーズ120g・卵3個)は難しいと思います。

なのでビタミン剤・プロテインでカバーするのがオススメです。

お野菜でなんとか必須ビタミンを補おうとするのは、

現代では無理があります。

お野菜中心でどうしても痩せたいとの事でしたら、

糖質ゼロのもやしや、糖質の少ないお野菜を。

プラスでプロテイン(タンパク質)摂取でバランスが取れます。

tomo

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。