ベジタリアンの方

Health

「40年間ベジタリアンで糖尿病です」

というコメントを

アメブロにいただきました。

私は、

自分のホームページ以外では

食事について発言することは控えています。

わざわざベジタリアンの方のホームページに行き、

その方法間違えてますよ、なんてことを言っては

申し訳がないと思うからです。

その方法を調べ尽くし

”筋が通っている”

”絶対に正しい”

”この方法で間違いない”

”理に適っている”

と思い自分なりの理屈や根拠をしっかりと持たれているのであれば

それで”正解”として良いのではないでしょうか。

 

ただ私は、調べ尽くした結果、

「ベジタリアンでは健康にはなれない」という結論に辿りついただけです。

やってみてもない事は言いません。

私自身が実際にベジタリアンであった時期があり、

最近まで”断食”の効果を疑いもしませんでした。

お米は数年口にしなかった時期もあります。

ヨガの講師であった事もあります。

しかし、

辞めるべきは糖質だった、という結論に現在は至っています。

 

ちなみにヨガの講師の方々は、

玄米菜食を徹底される方が多くいました。

若い先生はお綺麗な方が多いですが、

お年をめされた先生方は皆様、

肌はすくみネズミ色のような肌をしていらっしゃいます。

シワが目立ちやせ型の方が多いです。

 

ベジタリアンの方で肌が綺麗な場合は、低体温だからだそうです。

糖化が皮膚に出にくいため、見た目は綺麗です。

が、骨が弱くなります。

断食も最初は綺麗になりますが、

一気に老け込む傾向にあります。

ヨガで断食をマメにされている方でお年をめされている先生方は、

シワシワでガリガリです。

菜食独特のねずみ色の肌になります。

これは蛋白質不足で起こります。

 

肉を食べると攻撃的になる、

という方がいらっしゃいますが、

アドルフ・ヒトラー(ナチス党首 ユダヤ人を大量虐殺)は、

菜食だったのは有名です。

ハインリヒ・ヒムラー(ナチス親衛隊長)・ルドルフ・ヘス(ナチス副総統)も、

熱烈な菜食主義者でした。

スティーブ・ジョブズも本格的なベジタリアンです。

スティーブの自伝を読んでいただければわかりますが、

かなり気性の荒い性格で、本人も悩まれていました。

ちなみに56歳という若さで、すい臓ガンで亡くなっています。

 

動物愛護の精神から肉食をしない、という食事法も世の中にはありますよね。

しかしそれは、

そのお方の御心の部分の問題です。

他人が口を出すことではありません。

私だって動物は大好きで、愛してやみません。

 

それぞれに信じた方法があるかと思います。

そちらを実践されて、

それでもダメなのであれば

MEC食をされるというのも一つの方法です。

このホームページは自分の日々調べた事の気付きをメモしているに過ぎず、

糖質制限・MECを強制するものではありません。

tomo

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。