糖質0.28g!ほぼMEC食(ハンバーグ)

Health

糖質制限中の方でも思いっきり食べて頂けるハンバーグのレシピをご紹介します*

玉ねぎ無しでもすごく柔らかく仕上がるので、

糖質制限で「もう何を食べていいか分からない!」と悩まれてる方は、

ぜひこちらのハンバーグをお試しいただければ幸いです。

<糖質0.28gハンバーグ材料>

ハンバーグ6個分(冷凍で作り置きしておけば、いつでも気軽に食べられて便利です*)

合いびき肉600g → 糖質0g

卵3個 → 糖質0.9g
.
舞茸半パック → 糖質0g

おから粉 適量(パン粉の代わり) 今回は10gぐらい使用したので、糖質0.8g

牛脂 一個 → 糖質0g

ハンバーグ一個当たりの糖質量0.28gと、

かなり低いです*

糖質制限中はタンパク質・脂質不足になりやすいので、

卵・脂質は多めに意識して入れています*

<糖質0.28gハンバーグレシピ>

①舞茸を袋に入れて、のし棒等で叩き細かくします。(みじん切りでもOK)

②合いびき肉とよく混ぜ合わせて半日~1日程冷蔵庫で寝かせます。

③おから粉に少量の水を入れ、絞って合いびき肉へ。
 (牛乳は乳糖が入っているのでNG・豆乳もアンチニュートリエントの観点であまりオススメできません。)
 卵と牛脂(細かくきざむ)も同様に合いびき肉へ。
 よく混ぜ合わせます。

④成型時はオリーブオイルを手に付け、丸めてください。
 (サラダ油は化学的加工がされた植物性油脂であるため、NGです。)

⑤焼いて出来上がりです*

画像では、クリームチーズのソースをかけてます。

クリームチーズとバターをレンジでチンし、

混ぜ合わせると完成する簡単ソースです。

塩コショウを振れば一層美味しいです。

ちなみに、何故舞茸でお肉が柔らかくなるのかというと、

舞茸にはタンパク質分解酵素というものが含まれているからだそうです。

タンパク質分解酵素は、タンパク質を分解して小さな物質にしているだけなので、

タンパク質量は変わらないのでご安心を*

tomo

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。