google AdWords Gメール広告

web・IT関連

google AdWordsのGメール広告とは、

以前GSPという名称だった広告に当たります。

現在大きな仕様変更が行われ、

配信ターゲットが変わりました。

結論から言うと、以前の方が良いなぁという印象です。

安価でCVの上げられる広告が一つ減りました。残念。

GSPの時は、

ユーザーが受け取るメールの内容の中のドメインやアドレスがKWとして設定出来、

なかなかの効果がありました。

競合他社のメールアドレスやドメインをKWに入れてしまえば、

お客をこちらへ呼び込む事も出来たんです。

しかし、

個人情報の問題でユーザーの抽出方法が大きく変わりました。

メールの中身をKWに設定出来るのはいかがなものか、という風になった訳ですね。

現在はgoogle検索エンジンで検索したKWと

こちらの設定したKWが一致すれば

Gメール広告が流れるという仕組みになっているようですが、

これではあまりにもターゲティングが狭いですよね。

全然CVが上がらない、それどころか、

表示回数すら上がらない。

そこで今回のベータ版に新たなキャンペーン設定が追加されていました。

それは、自動ターゲット設定というものになります。

コンバージョン済ユーザーに近いユーザーに広告配信ができる、というシステムになります。

そんな事が出来るの?って感じでしたが、

現在うまく運用出来ている模様です。

ただやはり、GSPの時程CVが上がらないので、

KWの精査・追加は必須になります。

CPAも大きく変動する事無く運用出来ているので安心しました。

しかしながらgoogle AdWordsのベータ版、

ほんっとに慣れない(苦笑)

tomo

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。