【閲覧注意】酒さの経過画像

Health

最近有難い事にINSTAGRAMにて

「弊社の商品を使ってみてください」とお声掛けいただける事が増えました。

しかし、成分を拝見し

私の酒さ肌には使えないだろうなと思われるものも多く、

お断りする事が多いです。

「肌、全然なんともないですよね?本当に病気なんですか?」と言った心無い言葉を掛けられ傷付く事もあります。

 

今日は、

今まで封印してきた酒さの経過写真を載せようと思います。

正直誰にも見られたくないのですが、

”努力すればこの程度であれば治る”という事を酒さの方に知っていただきたいので

勇気を振り絞って詳細を書かせていただきます。

ただ、【閲覧注意】です。

気分を害される方も多くいらっしゃると思いますので、

ここから先は”気持ち悪い画像”や”肌荒れ画像”が苦手な方はお目汚しになってしまいますので

読まれない方がよろしいかと存じます。

読まれる方はスクロールお願いします。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、二年間使い続けたステロイドにより、酒さ様皮膚炎になりました。

キッカケは小さな2~3の湿疹で、

皮膚科の誤診で何故かアトピーと診断され

ステロイド(リドメックス)が処方されました。

ステロイドを使い続けて一年経った頃、

ステロイドが効かなくなり

吹き出物や赤味が一気に噴き出しました。

怖くなりセカンドオピニオンで別の皮膚科へ。

そこで処方されたのはロコイドという別のステロイドでした。

一週間もすれば治り、また普通の生活に戻りました。

しかし、いい加減ステロイドが辞めたいと思い

アトピーで有名な皮膚科へ。

この時点でサードオピニオンでした。

しかしそこでも処方されたのはロコイドでした。

おかしいと感じ、

次は美容皮膚科へ行きました。

すると、

「ステロイドは悪いものじゃないから、使い続ければいいよ」

と言われ

使い続けました。

使い続けて丁度二年経った頃、

肌が取返しの付かないぐらいに荒れ始め

ステロイドが一切効かなくなりました。

ネットで調べた結果、自分は”酒さ様皮膚炎”だという事は目星が付いていたため、

名医のいる病院へ。

そこで言われた言葉は、

「もう二度とステロイドは使っちゃいけない。

取返しのつかない事になる。」

と、

やっと”使ってはいけない”と言ってもらう事が出来ました。

しかし、ここから辛い”脱ステロイド”が始まりました。

先生に処方していただいた漢方を飲みながら、脱ステ開始です。

2017年8月 脱ステ開始

最初は斑に赤味が出て、

何をやってもどう冷やしても

顔が熱を持った状態でした。

ここから、転がるように日に日に悪化します。

ー 1日経過 ー

ー 2日経過 ー

頬全体に”ニキビ様”が出始めます。

ニキビではないのですが、ニキビに似ている事から”ニキビ様”と呼ばれているそうです。

ー 3日経過 ー

ニキビ様が顔全体を覆いつくしていきます。

この時点から、食事に気を使い始めます。

お菓子を食べると明らかに悪化し痒みが酷かったので、

お菓子を辞めました。

ー 4日経過 ー

ここから少しづつ一旦落ち着き始めます。

お菓子を辞めていなければ、

確実にニキビ様の状態が長引いていたと思われます。

ー 5日経過 ー

ー 6日経過 ー

ー 7日経過 ー

このまま治ってくれるのでは?と甘い考えを持っていました。

が、そんなに甘くはありませんでした。

ー 8日経過 ー

急激に悪化し、

この時の肌は油分ゼロで肌のバリア機能もゼロです。

ー 9日経過 ー

コットン×精製水で毎日肌を冷やし続けました。

↑この方法は、自分なりに考えた早く脱ステを終わらせる手段です。

ー 10日経過 ー

お菓子を辞めた事で、

ニキビ様は減りました。

ー 12日経過 ー

ー 13日経過 ー

ー 14日経過 ー

誰が見てもアトピーの肌!です。

この頃はもう痒くて痒くて一睡も出来ませんでした。

ー 15日経過 ー

何度も寝落ちするのに、

痒みで目が覚めます。

5分も眠れない日々が続きます。

顔の急激な皮むけが始まります。

ー 16日経過 ー

皮むけが進行します。

ー 17日経過 ー

普通はこんなに早く皮向けは終わらないと思うのですが、

コットン×精製水で冷やし続けているため

皮むけは比較的早めにマシになりました。

ー 18日経過 ー

ー 19日経過 ー

皮向けがおさまったので、

ここで一旦写真を撮る事を辞めました。

2017年10月に保湿が出来るようになりましたが、

良くなったり悪くなったりを繰り返し

2018年に突入。

こちらは2018年1月の写真で、

酒さの赤みが出ている時のものです。

赤味が収まっている時はこんな感じです。↓

赤味が出ると毛細血管がブチブチと切れて、

赤く内出血しますよね。

これが辛いです。

2018年2月。

2018年3月。

今の肌はこちらです。

冬は手足が冷えると顔が発作的に赤くなるという減少に悩まされました。

今も、熱くなった車に乗った時や気温の変化で赤くなります。

しかし、

昔の様に急激に赤くなる事は減り、

落ち着いている時は「今日一日赤くならなかったなー」という日も出てきました。

様々な原因が考えられる酒さだけに、

様々な対策を取って

何がダメなのかを潰していっている最中です。

効果があった事はこちらのブログに全て書きますので、

酒さになりかけている方や酒さの方は、

ぜひ試してみてください。

私に合わなかった方法でも、合って完治される方もいます。

ですので、情報がありましたらインスタのDMにお送り頂けると幸いです。

こちらのブログで共有させていただきます。

 

酒さは、一人で乗り越えるにはとっても過酷です。

私はINSTAGRAMで知り合えた酒さの方々や、

一緒に治しましょう!とお声を掛けて下さった企業の方々、

こんな肌でも一緒にいてくれる主人に沢山支えられてきました。

主人は私の一番酷かった時に、

「ずっとそのままでもいいよ。」

と言ってくれました。

この頃まだ結婚していなかったんですが、

それから半年以内に私達は入籍しました。

今もMEC食や大量のビタミン剤を摂取するなど変わった事ばかりしていますが、

温かく見守ってくれています。

ストレスも酒さにとっては大きな影響を与えます。

出来る限りで自分に一番優しいと思える環境に身を置いてください。

自分を思いっきり甘やかしてあげてください。

お肌に良い物を積極的に取ってあげてください。

私もまだまだ完治していませんが、

ここまでなら治る!と、少しでも希望になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

<酒さ対策で現在行っている事>

ビタミンKクリーム

オススメのプロテイン&ビタミン剤

糖質制限

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。