ワインが酒さ発症のリスクに

Health

興味深い記事を見つけました。

それは、

”ワインが「『酒さ』を引き起こす飲みものである”

といった内容の記事です。

具体的には、まったく飲酒しない人に比べて、白ワインを月1~3杯程度飲む人は酒さリスクが「14%上昇」し、

週5杯以上嗜む人の場合は実に「49%上昇」との高リスクが認められたそうです。

正直これ、

めちゃくちゃ身に覚えがあります;

約3年前に白ワインを飲むという習慣が出来、

胃痛が起こる度に白ワインで抑えていたなんていう黒歴史もあります(泣)

アルコール摂取量が増加するに伴い酒さリスクは有意に上昇傾向にあり、

とりわけ「白ワインと蒸留酒(ウイスキー、ブランデー、ウオツカなど)が有意に関連している」

という残念なデータもあるようです・・・

糖質ゼロ!と喜んで飲んでいたウイスキーも酒さ発症のリスクがあったなんて;

アルコール以外にも日光の影響やカフェイン摂取、

熱いものやスパイシーな食品などの一般的な引き金も発症につながるそうですが・・・

ちなみに赤ワインの場合は(既発症者の)症状を悪化させるそうです。

一説に過ぎませんが、

心当たりのある方は量を減らす等の対策を取られてみてください。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。