お肌の悪化は2種類あります*

お肌の”悪化”には、2種類あるという事をご存知でしょうか?*

それは、

”ただ悪化しているだけ”

のパターンと、

”改善する為に悪化している”パターンの2種類です*

 

ただ悪化しているだけの場合、

その後の改善は努力をしなければ難しいです。

しかし、

”改善する為の悪化”は、

その後必ず良くなっていきます。

”改善する為に悪化させる”ことを目的たっぷりの栄養摂取をし、

今の私のお肌があります。

しかし、悪化した時は本当に落ち込んで、

引きこもりになりました^^;

全く一筋縄ではいきませんでした><

私はお薬の歴が長かったので、

良くなって悪くなってを長らく繰り返しました。

やっと改善した!と思えば、

またすぐに悪化して、

少しづつ良くなってる!と思えば、

またすぐに元に戻ってしまったり・・・

しかしある時気付くんです。

こうして波のように悪化を繰り返して確実に改善している事を。

 

悪化したから栄養の摂取を辞めよう。

この方法は私には合っていないのかもしれない。

と、最初の一年は

栄養を摂取する事を”辞めてはまた始めて”を繰り返していた時期もありました。

しかし、

よくよく勉強してみると

お肌や髪への栄養は身体にとって”後回しになる”事が分かりました。

身体は効率的に栄養を使います。

効率的にというのは、

”体を守る為にはどこから治す事が効率的か”

という事です。

 

まずは免疫に栄養を使い、免疫が4日程で強くなります。

免疫は4日で入れ替わる、という事です。

たっぷりの栄養があれば、

免疫は強くなります。

そして内臓が良くなり始めます。

といった具合に、”良くなる順序”があります。

肌に栄養が届きやすい方も中にはおられますが、

これはかなり個人差があります。(カスケード理論と言います)

しかし、

免疫がまず強くなる事は皆様同じです。

だから、栄養の摂取で一度”悪化”します。

 

お肌も内蔵も髪も爪もタンパク質をベースとするたっぷりの栄養で作り上げられています。

しかし栄養の摂取をしなければ、

身体は古くなったアミノ酸でタンパク質を作ります。

そのアミノ酸には、ブドウ糖や老廃物が付着しており、

かなり汚れています。

そんなアミノ酸で出来たタンパク質を、

”自己のものである”と認めず、免疫が攻撃をするのです。

ですから、

”改善までに一度悪化する”という事は避けて通れない道です。

 

私は、”お肌が本当に改善してストレス無く過ごせるようになった!”と思えるまで、

2年かかっています。

私は元々胃腸虚弱体質だった為、

相当の栄養不足でした。

そういった事もあり、幼い頃から胃薬を多用していました。

お薬の歴が長い方は、

どうしても治りが悪いです。

アトピーの方も、スレロイドが長いと完治までに非常にお時間がかかります。

これが”薬害”です。

 

私もステロイドを2年以上使用していた為、

取り返しの付かない事になりました。

お薬を使わなければ、意外とアッサリ治ったりします。

お薬の歴に応じて、

改善には相当なお時間が必要になるという事です。

 

ステロイドでなければいいのか?

と、そういう訳ではありません。

”対処療法全て”です。

胃薬・プロトピック・風邪薬・かゆみ止め

もっと言うと、スキンケアも出来る限りでしない方がいいです。

スキンケアも、

”乾燥したから保湿する”

という対処療法です。

お肌の乾燥は栄養不足です。

対処療法での完治は難しいです。

 

せっかく”改善しようと悪化”しているところを、

むりやり悪化を止める事になります。

すなわち、改善出来なくなります。

お手洗いをガマンしているのと同じ事です。

”排泄”、いわゆる不要なものを身体の外へ出そうとしているのに、

それをガマンしている事と同じです。

それがどれ程身体にとって悪い事かは、

お分かりいただけると思います。

 

今のあなたの悪化は、

”改善する為の悪化”ですか?

それとも、

”ただの悪化”ですか?

 

tomo

*まずは基本的なベースとなる食事の事が書かれております下記noteがオススメです♪

ニキビ・肌荒れ・乾燥を根本解決!*美肌になる方法*

お振込みでのお支払いをご希望の方は、下記よりお願いいたします*

ニキビ・肌荒れ・乾燥を根本解決!*美肌になる方法*

コメント

    • あや
    • 2019年 10月 22日

    さっそくブログをアップして下さってありがとうございます!YouTubeを見て、栄養を補給していくとまずは悪化を避けられないということは 理解していたつもりでいましたが改善したと思ったらまた…という現実にぶつかっていました。長文失礼しますm(*_ _)m
    私も約2年前に脱ステをしました。ちょうど育休中で下の子が0歳の時で 全身汁だらけになり、その汁のせいで0歳児がとびひになったりして 精神的にもドン底にいました。脱ステの皮膚科にも行きましたが変化なく、途中でカビが原因なんじゃないか?と思い コラージュフルフルで洗うとあれよあれよと治っていき、今は 首と両手と両すね、両肘だけの症状になりました。顔が治ってからは人間としての生活が取り戻せていますが まだ毎晩痒みに襲われ眠れない日々です。幼少期から喘息持ちで、犬アレルギーにもかかわらず犬を飼っており、妊娠するまで毎日抗アレルギー剤を内服していました。今でも抗アレルギー剤は飲んでいます。tomoさんが全ての対症療法が、影響すると書いておられて そうか…と衝撃を受けています…ステロイドやプロトピックを使用していた年数も2年どころでは無いと思います。そうなると完治まで何年かかるのか…(;_;)気が遠くなりそうですね(;_;)
    まずは、抗アレルギー剤もやめてみるところからでしょうか、、
    ビタミンは亜鉛。DとEを摂り始めて1週間です。なんだか症状のない皮膚が、強く?なったような印象を受けるのですが気のせいでしょうか^^;とても期待しているので^^;
    あと、tomoさんはコラージュフルフルの固形石鹸を使用しておられましたが固形石鹸には意味がありますか?私はコラージュフルフルの、シャンプーリンスと泡で出るソープを使っているのですが(全身汁だらけの時期に助けられてから信者になってしまっています^^;)
    コラージュフルフルも環境ホルモン系の殺菌剤が入っているので使用はしない方が良いというような動画を見つけてしまい、肌の常在菌まで殺してしまっているのかなと思ったりしています。
    根気強い戦いが始まったばかりですね(>__<)栄養補給頑張ります!

      • tomo
      • 2019年 10月 23日

      コメントありがとうございます^^*

      ちなみにコラージュフルフルには確かに使用してはいけない成分が入っていますね><
      私が使用しておりますのはコラージュDの石鹸なのですが、そちらには入っていないんですよ*

      医薬部外品系は成分を全て公開していないものが多いですので、選ぶのが難しいですよね^^;
      長くなりますので、また動画でご説明させていただきますね*

  1. この記事へのトラックバックはありません。