私の酒さの歴史

こんにちは、tomoです^^*

本日は、私がどういったタイミングで”酒さ”になったか、

詳しくお話出来ればと思います*

 

まず私は、元々赤ら顔体質でした。

緊張すると顔が真っ赤になり、

気温差で手足が異常に冷え

顔が真っ赤になっていました。

本格的に気になり始めたのは、

19歳ぐらいの頃からです。

何故こんなにも私だけ顔が赤くなるんだろうと

疑問に思っていました。

”赤ら顔体質”なのだと思っていましたが、

今思えば

軽い酒さだったのだと思います。

 

メイクを落とすと顔はいつも真っ赤。

ファンデーションはリキッドで、

コンシーラーで赤みをしっかり隠さないと浮き出てくる程でした。

赤みを消したいと思えば思う程、

メイクはどんどん濃くなっていきました^^;

メイク中に手足が冷え、

顔が真っ赤になってしまう事もしばしばでした。

 

友人たちと旅行に行った際、

皆のスッピンを見て、

何故メイク後なのにお肌が赤くならないの?

何故私だけがこんなにも真っ赤なの?

と、

強くコンプレックスを感じた事を覚えています。

 

そして、

繰り返す異常なニキビ。

”一つもニキビが無い状態は無い”という時代を10年以上過ごします^^;

20代は、ニキビと闘い続けていました。

何をしても治らない。

どう頑張っても美肌にはなれない。

何もしなくてもお肌が綺麗な子が、

羨ましくて仕方なかったです^^;

 

そして、30代前半でステロイドに出会ってしまうのです。

 

ステロイドにより赤みがおさまり、

”魔法の薬だ”という錯覚を起こします。

先生にも、

「一生使えばいいよ」

と言われ、

美容液より安いし、一生使おう!と思っていました^^;

今考えると、恐ろしいです・・・

 

ステロイドを使い始めて一年程経った頃、

ステロイドが効かなくなっていきます。

激荒れし、少し治り、

を繰り返すようになり、次第に不安感が芽生え始めます。

 

二年後、

使えるステロイドが無くなり、

とうとう激荒れ期へ。

脱ステの恐ろしさを知ります。

 

一生このままかもしれないと思う程にお肌が荒れ狂い、

まともに眠れない日々が続きました。

詳しくは、noteの「脱ステを早く終わらせる方法」に記載させていただいてます。

脱ステによって激荒れしましたが、

内心ホっとした自分もいました。

それは、

もうステロイドを使わなくてもいいんだ、という安心感からでした。

 

脱ステから二ヵ月経った頃に、

栄養学の勉強をし始め

”日本の栄養学”や”バランスの取れた食事”で3人に1人が癌になる事を知ります。

自分がよかれと思って取ってきた行動全てに疑問を持ち始めました。

 

お粥は消化が良い?

チョコは美肌になる?

フルーツはビタミンたっぷり?

お野菜を食べないと便秘になる?

半身浴は身体にいい?

卵はコレステロール値が上がる?

 

今となっては、無知だった自分が恥ずかしいです。

 

私の酒さの歴史は、

ただひたすら

調べる ➡ 試して確かめる

の繰り返しでした。

 

今回、栄養の摂取により

”ほぼ初めて”

ここまでの効果を感じる事が出来たのです*

肌の悩みが無くなるという事は、

人生のストレスレベルを大きく下げる事になります*

健康とは相乗効果なのだと思います*

私の場合、

ずっと痛かった胃も強くなり、

お肌も改善し、

髪までもが健康になりました*

便秘も無くなり、

身体の冷えも以前よりかなり改善しています*

体調が良いと気持ちも明るくなり、

些細な事でクヨクヨしなくなります*

 

食べたものでお肌は出来る

当たり前の事なのですが、

全く気付かず

気付いてはいても正しい方法が分からず、長続きせず・・・

外からのケアばかりに頼り20年弱を過ごしてしまいました。

しかし、それでもなんとか答えに辿り着きました*

 

これからも、

学びを辞めず

試して確かめ続けたいと思います*

 

私がまず取り組んだ食事法は下記noteに全て記載させていただいてます*

☞ ニキビ・肌荒れ・乾燥を根本解決!*美肌になる方法*

 

tomo

関連記事

  1. 酒さとは?

  2. ブログを始めます^^*(酒さ・酒さ様皮膚炎)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。