【DIY】電動スタンディングデスクを作る

おうち

こんにちは、tomoです

先日、

電動スタンディングデスクをDIYしました

 

電動スタンディングデスク

サクッとご覧になりたい方は動画をどうぞ↓

【動画内に出てきたアイテムたち】

スタンディングデスクの脚フレーム

ケーブルトレー

アルギニン

シトルリン

クエン酸

ミラー

ハンガーラックLサイズ

MAWAハンガー 20本セット

MAWAハンガー 10本セット

MAWAハンガー スカート用

MAWAハンガー コネクター

木材の塗料(クリア)

「座りっぱなし」3時間で余命が1時間縮む!?

皆様は普段、どれぐらいの時間を座って生活していますか?

そして、

「座りっぱなし」の生活が寿命を縮めるということをご存知でしょうか?

PC作業の長い方。

テレビを見る時間が長い方。

座りっぱなしには、

様々な要因が考えられます。

オーストラリアである興味深い研究が行われました。

それは、25歳以上の男女8800人を対象に

テレビの視聴時間とその後の死亡リスクを6.6年にわたり追跡調査した研究です。

テレビを1日4時間以上見ている人は、

1日2時間未満の人よりも

総死亡リスクが1.46倍高かったそう。

心筋梗塞や脳卒中による死亡リスクに限ると、

1.8倍にも上りました。

この研究では、年齢、性別、喫煙状況、教育歴、食行動、摂取エネルギー量、

余暇の運動量、胴囲、血圧、コレステロール値、服薬状況、血液検査のデータなど、

さまざまな他の条件に影響を受けないように統計学的な調整を行っています。

他の影響を極力排除した上で、

座りっぱなしによる総死亡率にこれほどの違いが出たのです。

このデータを基にした別の分析からは、

座りっぱなしでテレビを1時間視聴するごとに平均余命が22分短くなるという衝撃的な結果も出ています。

単純計算すると、

1日3時間テレビを見ていれば、

1日1時間ずつ余命が短くなるということになります。

 

筋肉の中で約7割を占める足の筋肉が動かないため、

血流が滞り、代謝機能が低下します。

長期化すれば全身が巻き込まれ、

糖尿病、高血圧、脳梗塞、心疾患、がん、

うつ病や認知症などあらゆる病気を引き起こします。

今や座りすぎは、

タバコやアルコールより危険だと懸念されているほどです。

 

しかし、スタンディングデスクはインテリアに馴染まない・・・

座りっぱなしは危険・・・

理解しつつも、なかなかインテリアに馴染むスタンディングデスクが見つからずにいました。

そんなある日、

とあるユーチューバーの動画で

スタンディングデスクの天板だけをDIYしているではありませんか!

これだ!と思った私は、すぐに主人に相談し

とりあえず主人用のスタンディングデスクを導入してみることに。

理由は、私に比べて主人の方が運動量が少ないからです。

 

誰でも簡単に好きな天板でスタンディングデスクが作れる

早速注文したのは、スタンディングデスクの脚の部分です。

我が家のスタンディングデスクの脚はこちら

スタンディングデスクの完成品を購入してしまうと、

新居でデスクの幅や奥行きが合わなくなる可能性があった為

自由度の高いこちらにしました。

脚幅調整可能なので、

環境が変わっても天板を変えるだけで対応できます。

高さはボタン一つで調整できます。

木材は、ホームセンターで購入した4000円ぐらいの板を使用しました。

完成したデスクはこんな感じです。

オシャレ・・・!

こんなにいい感じにできると思っていなかったので、

感動しました・・・!

ちなみに塗装には、下記のワックスを使用しました。

アンティークワックス(クリアカラー)

 

ちなみに、オプションのケーブルトレーがあると

配線をかなりスッキリさせることができます。

ケーブルトレー

逆に、これがないと結構めちゃくちゃになります・・・(我が家の場合)

 

終わりに

まだ30代、もう30代。

健康に対する意識は様々ですよね。

しかし、

10年後20年後の為に今努力できるか

かなり重要だと思うんです。

 

その時に正しいと思っていた選択も、

年齢を重ねて後悔することも多いと思います。

例えば、

若い頃にがむしゃらに働いていた方は、

体調を崩してから後悔します。

私もその一人です。

 

正しい選択をすることよりも、

後悔しない選択をすることの方がよほど重要なのでは。

そして健康に関することは人生に大きな影響を与える為、

特に後悔のない選択を” 今 “したいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

 

tomo

関連記事一覧