【断捨離】物が捨てられる人になる為の考え方・定期的な見直し

おうち

こんにちは、tomoです

最近、驚きの出来事がありました。

それは、主人が突然捨て活を始めたことです

自ら物を手放すなんて、お引っ越し以来です。

心境の変化でもあったんでしょうか?

 

思えば、最近はお部屋が随分と荒れていました。

この面積にだって家賃がかかっていることを

すっかり忘れていました。

片付けられないもので今現在使っていないものは、

潔く手放したいと思います。

 

物が捨てられる人になる為の考え方・定期的な見直し

サクッとご覧になりたい方は動画をどうぞ↓

【動画内に出てきたアイテムたち】

サイドテーブル
https://a.r10.to/hyk3Fk

アイアンハンガーラック
https://a.r10.to/hVhFNu

MAWA スカートハンガー(私のボトム用)
https://a.r10.to/hyGqVC

MAWAハンガー エコノミック 36P(私のお洋服用)
https://a.r10.to/hVbomA

MAWAハンガー エコノミック 40P(主人のお洋服用)
https://a.r10.to/hVbomA

MAWAハンガー シルエット 36P(私のお洋服用)
https://a.r10.to/hVbomA

MAWAハンガー シルエット 40P(主人のお洋服用)
https://a.r10.to/hVbomA

MAWA パンツハンガー(主人のボトム用)
https://a.r10.to/hlfFak

シーグラスバスケット
https://a.r10.to/hDudoz

布団収納ケース
https://a.r10.to/hURltl

掃除機なしで吸引&圧縮できる電動吸引機
https://a.r10.to/hDe0WS

スカート
https://a.r10.to/hVqAOG

無印 収納
https://a.r10.to/hwENvl

無印 収納ケース
https://a.r10.to/hD37BI

クローゼットに収納したハンガーラック
https://a.r10.to/hyztfr

ミラー(姿見)
https://a.r10.to/hyIGOd

ルーター収納ケース
https://a.r10.to/hy9zhI

お掃除ロボット
https://a.r10.to/hyHDxi

 

取り組んだこと

我が家はどちらもこまめな片付けが苦手なので、

まず物を減らすことから取り組むようにしています。

ただ所有しているだけで使用していない物に、

貴重なスペースや時間を奪われている自覚が必要です。

今回、一年使っていない物は思い切って手放します。

 

・マイホーム建築中の家は、建材のカタログでいっぱいに。カタログは、必要なページだけ切り取って保管。

・ショールームでいただいたサンプルは、検討中のものだけに絞りあとは処分。

・クローゼットの中の物を、一度全て出して確認。

・お客様用の布団を思い切って処分。

・読み返さない本は売却し、身軽に。

 

手放して後悔し時の対処法を考えておく

手放して後悔・・・は、私も経験があります。

だからこそ、手放せなくなる・・・そんな悪循環にも陥っていました。

手放した後に後悔した場合、

どうすれば取り戻せるかシュミレーションをしておくと手放しやすいです。

フリマアプリなどでお安く買い直すこともできますし、

本なら中古で買い直すこともでき、図書館にある場合は無料で読めます。

勿体無いという罪悪感がある場合は、

リサイクルショップやジモティなどでお譲りするのもおすすめです。

 

お客様用布団はレンタルの方が衛生的

今回、思い切って手放そうと思っているのは、

なんとなく用意していた、お客様用のお布団です。

【西川ふとん/シングル】羽毛布団3点セット(ローズ・カバー付)

参考価格 約104,740円
レンタルした場合 5,200円(5泊〜)

年に何度も使用しない場合、

お高いお客様用布団に高額な投資はできませんよね。

しかし、持っていればメンテナンスも発生してしまいます。

レンタル料金 5泊〜4,800円

お高く感じる方もおられるかもしれませんが、

お布団は購入したらかなりのスペースを取りますし

そのスペースにだって家賃はかかっています。

廃棄する場合もお金がかかりますし、

粗大ゴミに出すという大きな手間も発生します。

 

手放すことは、大切するべき物を見つける手段

手放してみると、普段使用している物が

いかに重要で便利かが見えてきます。

あれだけ何が不用品かが分からなかった自分が、捨て活を始めてから5年ほど経った時に、

使っていないものに囲まれていることにストレスを感じ始めました。

この別人のように変われる感覚や、最善の選択が短時間でできる感覚。

執着心や未練などが消える感覚。

なぜこんな物を大切に保管し続けていたんだろう?

なぜこの人たちと関わっているんだろう?

そんな、自分にとって” 正しい問いかけ “ができるようになります。

手放すということは、

大切にするべき物を見つける手段なのだと思います。

 

終わりに

今回は今までとは違う視点で取り組みました。

元々貧乏性というか貧困家庭で育ったので、

” 勿体ない “という罪悪感がとても強く

物を捨てたらバチが当たると思い込んでいました。

今回私が手放した” いつか使うかも “という考え。

” いつかって “一体いつ?と、具体的に考えたら、

使っているシチュエーションが浮かびませんでした。

後悔するのが嫌で捨てられずにいるものでも、

手放してみれば意外とケロッと忘れたりもします。

この成功体験が積み重なっていくことで、

お家の中が、物を大切に思う選択の集積になります。

固執した考えや見栄が捨てられなかったり、

何が大切で何が不要か情報の取捨選択が苦手な人ほど、

捨て活をすることで人生が大きく変わります。

今、捨て活が上手くいかなくても問題ありません。

物事は長い目で見ることで上手くいく傾向にあるからです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

 

tomo

関連記事一覧