冷えにより起こる悲劇

健康

こんにちは、tomoです

今日は、” 冷え ” について書かせていただきたいと思います

 

私は、

毎年秋冬は足先の冷えに悩まされています。

プロテイン・ビタミンの摂取を始めてかなり和らぎましたが、

それでも冷えます。

 

冷えの原因は、大きく分けると3つ
筋肉不足

基礎代謝は、1日のエネルギー消費の60~70%を占めていると言われています。

体の部位ごとの基礎代謝

・筋肉 約38%
・肝臓 約12%
・胃腸と腎臓 約8%
・脾臓 約6%
・心臓 約4%
・その他 約24%

上記からもお分かり頂けるように、

筋肉量が少ないと冷えます。

基礎代謝の約38%を締める筋肉ですから、

筋肉不足だと生み出せる熱が少ないということになります。

男性より女性の方が冷え性が多い理由は、

体重に対する筋肉量の平均が

男性が約40%なのに対して女性は約36%だからです。(個人差があります)

 

自律神経のバランスの乱れ

自律神経は、ちょっとした事で乱れやすくなります。

例えば、

不安やストレス。

気温差のある室内と屋外の移動で生じる血管収縮でも、

自律神経の乱れは起こります。

また、

食べ過ぎると消化のために血液が胃に集まり、

熱産生量の多い筋肉やほかの器官への血液供給が減り

結果冷えを招く原因になったりもします。

 

皮下脂肪

女性のほうが冷えを感じやすいのは、

男性よりも女性のほうが脂肪の量が多い事も原因の一つです。

血液には、

エネルギー代謝によって生まれた熱を全身に運ぶ役割があります。

しかし脂肪には血管が少ないため、

熱が加わってもその熱が全身に伝わりにくいのです。

運動により脂肪を落とし筋肉をつけることは、

冷えの解消になります。

または、

衣類を着込む事で脂肪が温まり、

体を温めてくれる、ということになります。

 

冷えにより、起こる悲劇
免疫力低下

私は、

「冬だから仕方ない」

と、冷えを放置してきました。

しかし、冷えは「万病のもと」です。

体が冷えると血流が悪くり、

酸素や栄養素が体の隅々まで運ばれなくなります。

せっかく摂取した栄養も、

意味を成さなくなります。

また、

冷えにより免疫力も低下します。

免疫力を決定するのは腸です。

体温が1度下がると、

免疫力が30%以上低下すると言われています。

冷えは我慢せず、

対策を取る事が重要です。

 

冷えで肌荒れ

肌のカサつきやニキビ(吹き出物)などのトラブルは、

身体が毒出しを行っている状態です。

血液には栄養と酸素を運ぶ役割がありますので、

血液が十分に手足に届かず

冷え・肌荒れを加速させます。

特に手足などの末端やお顔など、

身体の中心から遠い部分でトラブルが起こりやすいです。

十分な栄養や酸素が届かない事で、

その部分の細胞の働きが弱くなってしまうからです。

手足が冷えると”酒さ”などが悪化しやすい理由も、

冷え性は体の中心に血液があつまる為です。

 

冷やさない為に購入したもの

私は特に、

足先の冷えが酷いです。

恐らく、とんでもない筋肉不足です。

 

すぐに筋肉を付ける事は難しいので、

今年はこんなアイテムを購入してみました。

普通のショートブーツに見えますが、

中はなんと

ボアになっています。

 

毎年こういったデザインのブーツを購入しようとネットを見るのですが、

どこも早い時期に完売しており

買えず仕舞いでした。

今年はなんとか購入する事が出来ましたが、

完売寸前でした^^;

足首だけでなく、

ちゃんと足先までボアが付いてます。

形も美しく、

流行りのスクエアトゥです。

カラバリも豊富で、

ダークブラウン・グレージュ・パイソンも気になっています。

ヒールは高過ぎず低過ぎずの6㎝。

少しヒールがあるだけで、

凄くスタイルアップしますよね。

 

写真を撮っていると、

必ず現れて何かしだす猫さん↓

お手手うまし

にゃんだよ

 

ちなみに、購入したショートブーツはこちらです↓

裏ボア スクエアトゥショートブーツ

 

皆様の冷え性対策も、ぜひ教えていただきたいです

最後までご覧いただきまして、

ありがとうございました

 

tomo

関連記事