【note】最近のスキンケア事情

健康

こんにちは、tomoです

今日は最近のスキンケアにつきまして、書かせていただきたいと思います

ご存知の方も多いと思いますが、

私は元々、重度の皮膚病を抱えていました。

そんな皮膚病を、食事で改善させ

お化粧水などを手作りする事で完治させることが出来ました。

*分かりやすいよう、無加工・ノーフィルターのお写真を載せます。

 

今日は、そんな手作り化粧水を始めた理由につきまして、

お話させていただければと思います。

 

スキンケアを始めた理由

お肌が食事で大きく改善しましたが、

ごくたまに突発的な赤みが出る事がありました。

数ヶ月に一度だとしても、

とても気になりました。

そこで、” 対策 ”を取る事にしました。

その対策が、スキンケアです。

*”スキンケア”という表現を用いていますが、

 スキンケアの概念は【対処療法】と変わりませんので、

 私自身、

 スキンケアと言う概念では行っておりません。

 

通常、手作り化粧水と言えば、

精製水やグリセリンを混ぜて作るものですが、

私作っているお化粧水は、グリセリンなどは用いず

お肌に本当に必要なものをお化粧水として使っています。

 

お肌に適したモノを分子レベルで選ぶ

私は昔、

” コラーゲン配合 “

“ヒアルロン酸配合 “

そんな風に書かれている基礎化粧であれば、

なんでも試していました。

しかし、” 酒さ “の症状が強かった為、

何を付けても赤みが大爆発していました。

今思えば、

お化粧水選びも

当時の食事も

間違いだらけでした。

 

経皮からの吸収に適しているのは、

脂溶性で分子量500以下の物質とされています。

分子量1000では、角質をほとんど通過できない事になります。

ヒアルロン酸は分子量411~2万
コラーゲンは分子量が30万

お肌の表面が潤っているように感じても、角質をほとんど通過できていません。

 

手作り化粧水で完治

食事を整えた事で、

スキンケア事態が不必要になりました。

理由は、

” 乾燥しない ”

” トラブルがない ”

からです。

しかし、数ヶ月に一度

酒さの症状である突発的な赤みだけが残っていました。

そこで、お化粧水を作るようになったところ、

今年に入ってから、一切赤みが出ていません。

 

食事も少し変化がありましたが、

大きく変えた部分は、スキンケアです。

 

何故お肌が完治したのか?

食事法だけでお肌が完治される方もいれば、

私のようにスキンケアを取り入れる事で完治する人もいます。

人によって、栄養の届く順序や治る経過に大きな違いがあります。

必要量というものも、

個人差が非常に大きいです。

水溶性のビタミンであれば、

およそ150倍摂取量に個人差があると言われています。

この事を、カスケード理論と言います。

 

この理論を超越し、

早くお肌に必要な栄養素を届けたい!

そう思われた方は、

ぜひ今回の方法をお試しいただければと思います。

 

お風呂上りや突発的な赤みへの対策にもなります。

普通のお化粧水だと

赤みが悪化したり、

何を使っていいか分からなくなったり、

逆になにも付けられないストレスがあると思います。

今回ご紹介する方法は、

一日に何度でも実践していただけます。

 

お化粧水の作り方

➡︎ 【2020最新】私のスキンケア(赤みへの対処方法)

 

併せて読んでいただきたい、最新情報

➡︎ 2020最新版!タンパク質の摂取量・摂取方法

 

 

今回のブログは以上になります

参考になりますと幸いです

 

tomo

関連記事