カメラで人生変わった話

趣味

こんにちは、tomoです

今日は、

”カメラで人生が変わった”

というテーマで、お話をさせていただきたいと思います。

 

 

■1.カメラ購入の経緯
 1-1.カメラオタクの友人の存在
 1-1.悔しい記憶
■2.カメラで人生が変わったお話
 2-1.カメラのお仕事

 

まずは、

現在使用している私のカメラからご紹介したいと思います。

 

    

<詳細>

  • 撮像画面サイズ:17.3 mm x 13.0 mm
  • 画面サイズ(インチ) :3インチ
  • 記録媒体: SDメモリーカード(SDHC、SDXC、UHS-I、II対応Eye-Fiカード対応) エンドレスモード非対応です。
  • 画素数/アスペクト比:カメラ部有効画素数 1605万画素 / 総画素数 約1720万画素 / 1.33 (4:3)
  • 記録画像サイズ:[RAW] 4608 x 3456 [JPEG] 4608 x 3456 – 640 x 480
  • 記録画像形式:RAW(12bitロスレス圧縮)、JPEG、RAW+JPEG、MPO(3D)
  • 大きくて見やすい電子ビューファインダー、シャッターチャンスを逃さず撮れる“タッチAFシャッター”を搭載
  • 付属レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R付き

 

操作が簡単で、尚且つコンパクトです。

持ち運びも苦にならないので、

お出掛けの際は必ず持ち歩いています。

1605万画素と高画質で、4K撮影も可能です。

 

■1.カメラ購入の経緯
1-1.カメラオタクの友人の存在


現在2020年6月ですので、
私がカメラを始めたのは、2018年の冬頃からです。

カメラ歴は約一年半になります。

 

高校時代からの友人にかなりのカメラオタクな子がおり、( ← 誉め言葉です )

とても影響を受けていました。

早朝に撮影に行ったり、

作品撮りのような事をしたり、

私もカメラを始めたいと思うキッカケになった子です。

 

そして、ある旅行をキッカケに、

カメラ購入を決意する事になります。

 

2018年の冬、お仕事で志賀高原へ行く事になりました。

プロの方にカメラを教えていただける事になった為、

急いでカメラオタクの友人に

「オススメのカメラを教えて欲しい」

とお願いしました。

 

そこで紹介してもらったのが、

今使用しているOLYMPUSです。

 

思えば、このカメラで大正解だったと思います。

その後自身で調べて今の自分に合うカメラを探してみたり

実際に家電量販店でカメラを触ってみたりしましたが

OLYMPUSにして本当に良かったなと思いました。

 

理由としましては、操作がとにかく簡単で初心者向けにも関わらず高性能。

誰でも簡単に美しい写真が撮れる点にあります。

 

 

1-1.悔しい記憶

 

志賀高原では、プロの方に撮影スポットを巡っていただき、

素晴らしいお写真を沢山撮る事ができました。

 

カメラを始めて一週間でこのようなお写真が撮れるOLYMPUSは神です(笑)

 

 

撮影初日、夕日を撮りに行く事になったのですが、

そこで、とても悔しい思いをする事になります。

 

その日は、

プロの方も驚く程の美しい夕日を拝む事が出来、

あまりの美しさに涙が出ました。

この映像を、そのまま撮影して持って帰りたい!

そう強く思いました。

 

プロの方にテクニックを教わり、

いざ撮影!

夕日だけでとんでもない数のお写真を撮影しました(笑)

 

しかし帰宅後に気付いた事は・・・

お写真がほとんどピンボケしてしまっていたのでした・・・

 

自分の人生の中で、あれ程の夕日に出会える事はもうないかもしれない。

そんな風に思う程

美しい夕日でした・・・

 

自分の能力不足に

悔しくて泣きました・・・

 

しかし思えば、

あの時の悔しい気持ちがあったからこそ、

今もカメラを続けているのだと思います。

 

最初から上手く行っていたら、

練習もせず

お仕事に繋がる事も無く、

なんの発展もなかったと思います。

 

 

■2.カメラで人生が変わったお話
 2-1.カメラのお仕事

 

冒頭でも申し上げた通り、

私はプロでもなんでもなく

まだまだカメラ初心者です。

 

カメラは大好きですが、

プロの方のように上手に撮れる訳でもなく

美しいお写真が撮れる訳でもありません。

 

ただ、カメラを始めた人

それだけです。

 

そんな初心者カメラ女子の私ですが、

カメラで撮影したお写真をインスタグラムなどのSNSへ投稿を始めます。

 

すると、

企業様よりお写真の買い取りのご依頼や

撮影協力のお話が次々に舞い込んだのです。

 

当時のインスタグラムは、

スマホでの撮影が主流だった事もあり

少しだけ目立つ事が出来た気がします。

 

初心者カメラ女子の私が、

カメラを始めて僅か数ヵ月で

カメラのお仕事をいただけるようになりました。

 

  

  

 

そして、カメラを始めて一番変わった事、

それは、意識です。

 

日々の暮らしの中には、沢山の素晴らしいシーンが隠れている

そんな風に思えるようになりました。

 

今、チロルさんがあくびをした!カメラ構えておけば良かった!

テーブルに置いてあるノート、光が当たってお洒落だな*

今日は風が強くてカーテンがふんわり揺れて美しい*

 

これは、カメラを始めなければ、

なんとも思わなかった風景です。

 

いつも歩いている道

毎日のように車で通る場所

近所の公園

 

そんな自分にとって当たり前の場所が

カメラを構えた瞬間

特別な場所になるんです。

そして、特別な一枚が生まれます。

 

それはまるで、

”自分の幸せを探している”ような

そんな気持ちにさせてくれます。

 

これからも沢山の幸せが見つかりますように*

そんな思いで、

今日もカメラを手に取ります

 

本日のブログは以上になります

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました

 

 

tomo

———————————————-

YouTubeでも、カメラの事をお話しています。

【カメラを始めたいけど迷ってる人へ伝えたいコト*】

関連記事