Instagramの運用方法

趣味

こんにちは、tomoです

本日は、以前から沢山いただいていたご質問内容に

お返事させていただければと思っております。

ご質問内容は、

「インスタグラムでフォロワーを増やしたいけど、
 何から手を付けたらいいか分からない。
 手順は?具体的な方法を教えて下さい。」

「インスタグラム、どうやってフォロワー増やしましたか?

といったものです。

 

 本記事のテーマ 

【初心者向け】インスタグラムの始め方

 

 インスタグラムの始め方

①目標設定:インスタグラムでフォロワー●●●人達成する
②環境準備:スマホがあればOK
③基礎理解:インスタグラムでフォロワーが増える仕組み
④今後:インフルエンサーのお仕事

 

 記事の信頼性 

記事を書いている私は、インスタグラム歴3年になります。
現在はフォロワー数7万人ほどです。

 

 伝えたいコト

本記事は

「これからインスタグラムを頑張りたいけど、何から始めればいいか分からない・・・」

という方へ書かせていただいてます。

こちらのブログをご覧いただく事で、
・目標設定
・具体的な始め方
・その後の活かし方
まで想像していただけるよう頑張ります(笑)

私は、インスタグラムで”インフルエンサー”と呼んでいただける立場になった事で
人生が大きく変わりました。

私はフリーランスとして活動しておりますが、
正直、インフルエンサーでなければいただけなかったお仕事が数多くあります。

前置きが長くなってしまいましたが、早速、解説させていただきます。

 

①目標設定:インスタグラムでフォロワー●●●人達成する

目標設定は、まずフォロワー1000人あたりを目安に目指されるのがよろしいかなと思います。

既に達成されている場合は、
3000人→5000人→10000人
と、目標を高くしていって下さい。

私の思うインフルエンサーの考え方は、
”一日8時間拘束されて、それが月に20日間”
という、一見誰でもこなせそうなお仕事の”普通”が
こなせない状況にある方の救いになるツールであると思っています。

身体的・精神的な問題で会社で働けない方や、
どうしても上手く社会に馴染めない方。

”インスタグラムというツールを使って、
 もっと楽に生きられるのでは”
と思っています。

かつて私も、精神的にも肉体的にも限界を迎え、
会社で働く事が難しくなりました。

そんな時に、フリーランスという道を選択しましたが、
インスタグラムでインフルエンサーであるという事は
当時の私を大きく助けてくれました。

 

目標設定:フォロワー1000人

私は定期的に”サブアカウントを作り一から運用する”
という実験のようなものを行っています。

参考までに、幾つかアカウントをご紹介させて下さい。

 

そして、下記が一番最新の検証アカウントです。
年末から年始にかけて運用を行い、
2~3週間ほど運用をし1000人達成しました。

 

 

②環境準備:スマホがあればOK

基本的にはスマホがあれば十分だと思います。

 

 余裕があればカメラがお勧め

私の使用しているカメラはコチラ

元々10万円弱ほどでしたが、かなりお値下げしているのでお得です。

 

 カメラをお勧めする理由

カメラをお勧めする理由としましては、

カメラをお勧めする理由としましては、
ただインフルエンサーになってお仕事をこなす以外にも
”新たな働き方が出来る”
という可能性が広がるからです。

私自身も、カメラ関係のお仕事をよくいただくようになり、
現在は企業様のインスタグラムアカウントへ画像提供を行っております。

私にとってカメラは、非常にコスパの良いお買い物でした。

 

カメラは無理をしなくてもOK

カメラはコスパがいい!と心から言えますが、
やはり、それなりのお値段である事も事実です・・・
ですので、スマホでも全然いいと思います。

インフルエンサーになり報酬が得られるようになった際に、
ステップアップとしてカメラを購入されるのも有りだと思います。

私の場合は、
自身の伸びしろをもっと活かせる趣味はないかな?と考え、
カメラを購入するに至りました。

しかしながら、お金の余裕は心の余裕です。
無理はせず、お財布とご相談なさってください。

 

③基礎理解:インスタグラムでフォロワーが増える仕組み

まず、フォロワー1000人を目指すという目標に向かう際、
必ず行わなければならない事があります。

 

ビジネスプロフィールに切り替える

一般のアカウントとビジネスプロフィールの違い

一般アカウント   
「いいね」と「フォロワー数」のみでしか判断できない。

ビジネスプロフィール   
Instagramのプロフィール欄にメールアドレスを設定できたり、
アカウントのエンゲージメントやインプレッションの推移を確認できます。
数字で追える事で、目標設定がしやすくなります。

マーケティングに必要なインサイト情報は、
今インフルエンサーマーケティング業界でも重要視されており、
お仕事前にインサイト情報の提出を求められる事も多いので
今のうちに切り替えておくととても便利です。

今までは、企業からインフルエンサーに連絡を取ろうと思った際、
コメントに書き込むか、またはDM送信するしか方法がありませんでした。

DMを使用しての大手企業→個人(BtoC)でのフローは、
漏れが発生したり、DMを読んでもらえなかったり、
企業側もタイムリーに対応しきれなかったりとデメリットも多かったのです。

ビジネスプロフィールを導入し、
インフルエンサーと企業間の連絡がスムーズになることは
お仕事が入ってきやすくなる大きなメリットです。

ちなみに、切り替えに料金は発生しません。
無料で便利になるので、ぜひ切り替えをお勧めします。

 

毎日投稿

アクティブなユーザーにはアクティブなユーザーがついてきます。
投稿を見てもらう事を習慣化させる事がとっても大切です。

私自身も、運用初期の段階では、毎日投稿をしていました。

ハッシュタグをMAXまで付ける

ハッシュタグは”完全一致検索”です。
付けなければそのハッシュタグに上がってこないので、
30個お付けいただく事をお勧めします。

ハッシュタグを付ける事で得られるメリット

ハッシュタグを付ける事で、露出が増えます。
露出が増えるとは、沢山の方々から見られる機会が増える、という事です。
露出が増える事でイイネが増え、
イイネが増える事でトップ投稿に上がりやすくなります。

 

お勧めアプリのご紹介

VSCO

インスタグラマーさん御用達のアプリです。
フィルターがとにかくオシャレです。

どれだけ適当に撮った写真でもそれっぽく仕上げてくれます。

有料フィルターもありますが、無料のものでも十分オシャレです。
一番人気のフィルターは、”C1”だそうです。
コントラストをハッキリさせつつふんわりとした雰囲気に仕上がり、ブルーがとっても綺麗に出ます。

       

左から、T1・G1・C1のフィルターを使用しています。

同じ写真でも雰囲気が大きく変わります。
お好みのフィルターを見つけてみてください。

 

Analog Paris

ピンクフィルターアプリです。
全体的にピンクがかった雰囲気のアカウントを見た事はありませんか?

「Analog Tokyo」や「Analog Budapest」など沢山シリーズがありますが、
Analog Parisが人気のようです。

レトロでアナログな感じの雰囲気に仕上げてくれて、
日本で撮影してもちょっぴりパリっぽい仕上がりに。

  

可愛い雰囲気になります。
女性やお子様の写真にもオススメのアプリです。

 

Foodie

「食べ物をいかに美味しそうに見せられるか」に特化した究極のアプリ、との事です。
「肉料理」「お寿司」「ケーキ」など、多彩なジャンル選択も楽しいです。
食べ物のみならず、逆光や多少の薄暗い場所でも綺麗に撮影出来る優れものです。

 

      

普通のお写真が、とっても美味しそうに仕上がります。

 

B612

世界中で3億人の愛用者がいる大人気アプリです。
フィルターも豊富で強弱が付けられるので、”盛り過ぎ感”を抑える事も出来ます。

肌もキレイに映るので、もはやプリクラいらずです。
動画も撮れるので、これからインスタで動画を始めたい方にもとってもオススメです。

    

美白美肌は勿論、ちょっぴりアーティスティックなフィルターもあります。

 

candy

B612と同じく肌が綺麗に映る、”盛れるアプリ”です。

数あるフィルターの中から気に入ったものをピックアップしておけるので、
使いたい時に使いたいフィルターがスっと使えて操作性抜群です。

    

シンプルで使い易く、あまり悩まず使える便利さが気に入ってます。

 

iMovie

動画がサクっと作れるアプリ。
iPhoneなら標準で入ってるので、ダウンロードしなくてもすぐ使えます。

BGMも自分の持っている曲を使えたり、
フィルターやトランジションも最低限揃ってます。

感覚的にパパっと操作できるところが素晴らしいです。

 

Phonto

まるでお洒落なポルターのように仕上がる文字入れアプリです。

文字は一文字づつ色を変えられたり、カーブを付けたり、影を入れる事も出来ます。
バナーもこれでサクっと作れます。

    

バナーやポスターや、リーフレット作りにも。

他にも、YouTubeにておすすめアプリをご紹介しています。

 

世界観の統一

使用するアプリが決まりましたら、
まず、フォロワーさんたちに対してどのような世界観で発信していくのか
設計を立てることから始めてみてください。

闇雲な投稿はとっても遠回りです。

陥りがちなミスは、ご自身のアカウントのコンテンツが
フォロワーさんたちに対してどういう世界観で発信していくか、
その設計を全くしないことだと思います。

フォローをしていただくには、
まず、世界観(投稿している画像・内容)を気に入っていただく必要があります。

こちらは、とある企業がインスタグラマーに行ったアンケート結果です。
フォローする基準はやはり投稿する世界観・内容との事です。

統一感の無いバラバラな写真を投稿していては、
非常にフォローされにくく勿体ないと感じます。

 

写真撮影をする上でのワンポイントアドバイス

写真を撮影する際、
構図を意識されていますか?

実は、人間が見て気持ちいいと感じるバランスの法則というものがあります。
【構図で写真が決まる】と言われてる程、とっても大事です。

幾つか、代表的な構図をご紹介します。

 

日の丸構図

メインにしたい被写体を写真のド真ん中に持ってくる構図です。
インスタグラムのスクエア写真との相性が良いです。

 

シンメトリー構図

上下・左右が対称になる構図です。
「対称」には端正な印象があり、不思議と目を惹く効果があります。
美しい造形として古代より美術やデザインに取り入れられてきました。

 

三分割構図

写真の縦・横を3分割し、線上もしくは線の交点に被写体をおく構図です。
写真を撮影する上で、王道の構図と言えます。

中心から少しずらして配置することで、
写真に大きく間が生まれその場の雰囲気を感じられる写真になります。

 

投稿時間

闇雲に”投稿出来る時に投稿する”よりも、
ターゲティングを行った方が近道だと思います。
まずは、下記データをご覧ください。(少しデータが古いです、申し訳ありません)

こちらは、国内約3万台の端末を分析したApp Ape 推定による推定データになります。

時間帯アクティブ率(曜日別、時間帯別にアプリを1回以上起動したユーザー割合の月間平均値))を見たところ、
平日の7時台、8時台に急激に増加します。
これらは通勤通学の時間帯を指します。

土曜日はゆるやかなスタートを切ります。
9時を過ぎてから起きはじめ、
布団にくるまって投稿をチェックする事が習慣も方も多い気がします。

平日のランチタイムも熱いです。
12時台にスマホを片手にランチ、若者に多そうかなと思います。

そして、どの曜日も一日のピークタイムは21時~22時台です。
特に金曜日は23時~24時台に利用する方が増えます。

このように、どの時間帯にアクティブなユーザーが増えるかを把握しておくだけで、
自分がどの時間帯に投稿すればいいのかが見えてきます。

私は、前職でweb広告の運用を行っており、
数多くのターゲティングを行ってきました。

ターゲティングとは、想像力だと思います。

自分が女子大生だった場合、
通学時間帯を狙って投稿する事でより多くの人の目に留まる事が出来るかもしれません。

自分が主婦だった場合、
旦那さんを送り出し一通りの家事を済ませてホッと一息ついた頃にその時間帯はやってくるかもしれません。

自分がサラリーマンだった場合、
仕事が終わって寝る前あたりがベストかもしれません。

逆に午前0時台は既に就寝される方の多い時間になりますので、
投稿してはいけない時間帯かもしません。

ちなみに安定のピークゾーンと言われている時間帯は下記になります。

1位:月曜22時台
2位:日曜22時台
3位:水曜21時台

もっと言うと、
ご自身のフォロワーさんに合わせた時間帯の分析を行えれば、
エンゲージメント率(フォロワーに対するいいね率)も上がりやすくなります。

 

④今後:インフルエンサーのお仕事

インフルエンサーになりますと、
フリーランスとしての活動の助けになるだけでなく、
インフルエンサーとして様々なお仕事があります。

・商品のPR案件
・お店のPR案件
・アフィリエイト案件
・企業様とのコラボ案件

などなど、多岐に渡ります。

私自身、インフルエンサーになれた事で、
”自己ブランディングを確立”する事が出来たと感じています。

カメラを始めてたった一年で
カメラマンとしてのお仕事をいただけるようになったり、
某企業様から、
ワークショップ開催のご依頼をいただいたり、(引きこもりのコミュ症なのでお断りしました・・・)
某インテリアメーカー様から、
コラボ商品の企画のお話をいただいたり。(こちらは、現在進行形です)

タイアップさせていただいた企業様はコチラ(ほんの一部です)

ご自身の”やりたい事・やってみたい事”を視野に入れつつ、
インスタグラムの運用を行われるのがお勧めです。

消費トレンドは今後も激変します。
消費というものは、スマホを介しての「コミュニケーション」へと発展すると考えます。

”売っているものは同じ!誰から買うか!”
になるのであれば、
重要な事は”自己ブランディング”だと考えます。

 

主人もインフルエンサーです

インスタグラムは私の人生を変えました。
まだまだ人気のあるプラットフォームになりますので、
ぜひ沢山の方々に挑戦していただきたいです。
ちなみに、僭越ながら主人もインフルエンサーをしております。

☞ t_____kawa

最近は、noteの販売も開始し
精力的に活動をしている模様です。

☞ 主人のnote(インフルエンサーになる方法)

よろしければ、主人のSNSもチェックしていただけますと幸いです。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました

 

tomo

関連記事