リンネル【なりたいわたしになる】企画の全文公開

趣味

こんにちは、tomoです

現在発売されておりますリンネル2月号

実は、【なりたいわたしになる】企画に掲載いただいてます><

今回、ブログで全文を公開させていただきます^^

ライターさんのご質問と併せてご覧下さい✨

 
 
ーーーーーーーーーー
<質問1>
「なりたいわたしになる」ことを達成するのに、小さな目標からアクションを始めるとよい理由は何でしょうか?
具体的にどんな目標から始めたことがあるか、差し支えなければエピソードもお伺いできましたら嬉しいです。
また、目標は小さなところから、どんどん大きな目標にシフトしていくとよいですか?
 
・質問1の回答
多くの場合、目標が高過ぎるが故に挑戦へのハードルが上がり、取り組むまでの時間がかかったり、挫折しやすいように思います。
目標は出来る限りで細分化し具体化することで、何から始めたらいいか分からないという状況を無くすことができ、自分にできることが見えてきます。
細分化せずに目標を立てると、目標を達成するまでは【達成できていない自分】になります。
自信が持てず自己批判を繰り返してしまう原因になります。
小さな成功体験を重ねることで自信に繋がり、目標をこなしていくことで、いつの間にか大きな目標を達成できているものなのだと思います。
 
私は元々、「モノが捨てられないゴミ屋敷の住人」でした。
500着を超えるお洋服に囲まれながらも、毎日「着る服がない。」と口癖のように言ってました。
そんな私ですが、現在のお洋服の数は30着ほど。
最初から手放せた訳ではなく、始めの3年は一気に捨ててはリバンドを繰り返しました。
【2着手放せば1着買える】といったマイルールを作り取り組み始めたところ、
3年ほどで半分に減らすことができ、更に3年ほどかけて今の量に落ち着きました。
 
 
 
<2質問>
悩んでしまう気持ちのスイッチを切り替えるコツ、思考のスピードを早くするコツがあればぜひお伺いしたいです!(ふわっとした質問ですみません。。例を考えてみました。悩んだときは、行動を起こすことで得られるメリットを書き出すなどです)最近は住み替えをするというアクションを起こされていましたが、そのような大きな決断も、日常の中で起こる小さな出来事から決断力を身につけていけば、できるようになるものなのでしょうか?)
 
 
・質問2の回答
悩んだ際は、ノートに思っていることを全て書き出し、落ち込めるだけ落ち込みます。
嫌なことは、忘れよう・切り替えようとは思わず向き合います。
人間の脳は、嫌なことを忘れようとすればするほど囚われてしまう、メンタルコントロールの皮肉過程と呼ばれる状態に陥りがちです。
自分の感情と向き合うと、良いことも悪いことも意外と長くは続かないということが分かってきます。
例えば、一年前の今日何で悩んでいたかなんて、ほとんどの人が覚えていないと思います。
 
日々小さな目標設定をし、モノの見直しや手放しを定期的に行っていると、自分には何が必要で何が不要かが見えるようになります。
私の場合、自分の中で葛藤する議論にかける時間は大半が無駄になるケースが多かったので、無意味な保留をしなくなりました。
新築を一年半で住み替えたことに関しては、それほど特殊な欲求だとは思っていなかったのですが、決断に至る要素が多かったことも要因としてあります。(お掃除がしにくい、LDK・玄関が広過ぎる等)
 
 
<質問3>
 
サプリを飲んでいらっしゃる写真について、どのようなチャレンジをされているかお伺いしたいです。
 
・質問3の回答
私は元々、重度の皮膚病患者でした。
皮膚科・エステ・高級化粧品・レーザー治療・美顔器・漢方薬・岩盤浴・美容針など、15年間あらゆる手段を尽しましたが、一切改善しませんでした。
日々様々な本を読み漁るなかで、糖質と栄養不足が原因であることが分かりました。
糖質の摂取によって血糖値の上昇が起こりインスリンが分泌され、インスリンを無毒化する為に大量のビタミンが消費されてしまう為、お肌まで栄養が届きにくくなってしまいます。
そこで、サプリでビタミン・ミネラルを補ったところ、皮膚病が完治しました。
現在も続けている理由は、10年後20年後の自身の悩みを減らす為です。
 
 
 
<質問4>
ものを手放すコツについてお伺いしたいです。(例えば、1年使わなかったものは手放す、など)。また、手放すことによって得られるものには何がありますか? また、ものを手放せるようになったきっかけについても、差し支えなければお伺いできると嬉しいです。
 
 
・質問4の回答
ただ所有しているだけで使用していないものに、貴重なスペースや時間を奪われている自覚が必要かなと思います。
モノの量が最適化されることで、作業効率が上がり時間に余裕が生まれます。
その時間を使って好きなことをしたり、新たな挑戦ができます。
また、人にもモノにも不思議と執着しなくなります。
 
お洋服の手放しのコツは簡単なルールを決めています。
・毛玉がついていたり、高かったけどデザインが古かったり。
 そんな【着たくない理由】のあるお洋服から手放す。
 【大切な人たちの前で着たくない・今日の服装で誰にも会いたくない】そんな思いをする時間が勿体無いです。
・トレンドだけどライフスタイルに合わなかったり、挑戦してみたけど難しかったジャンルは手放す。
 勿体無いと思うかもしれませんが、「このジャンルは似合わない」と教えてくれるのがそのお洋服の役割だったのだと思います。
・本当に大切なものなら、そもそも捨てるか悩まない。
 私自身、今まで手放したお洋服で買い直したものは一着もありません。
・数年前はよく着ていたけど、ここ一年は着ていない。そんなお洋服は迷わず手放す。
 今着ない服を所有することで、今着たい服が見えなくなります。
・一着一着拘って選ぶ。
 「まぁいっか」と、なんとなく買ったお洋服でも、周囲から見ればそれがその人のセンスです。
 
購入時にもルールを決めています。
・一着買ったら一着手放す
・似たものを手放してから買う
・劣化したら買う
・手持ちのお洋服との相性が良いものを買う
 
ゴミ屋敷のような部屋で暮らしていた時、そんな自分がとても嫌いでした。
今の自分に執着したくない、そんな思いから物を手放せるようになったと感じます。
 
 
<質問5>
日記を書くとき、自分の気持ちが見えてくるように、思考を整理しながら書くコツはありますか?
 
・質問5の回答
ノートには、日記も書きますし、メモも取りますし、タスク管理も行なっています。
特に思考を整理しながら書くことはせず、思ったことを全て書く中で思考が整理されていく感じです。
ごちゃごちゃになるのですが、アイデアが混ざり普段の自分には思いつかない結論にたどり着けたりします。
ノートを読み返すことで、自分自身のネガティブな面も、過去の経験の再評価をし自分の力に変えていくことができます。
例えば【1ヶ月前まではこんなことで悩んでいたけど、現在は乗り越えている】
こういった経験を重ねることで、問題解決の力ががつき、自信に繋がるのだと思います。
 
 
<質問6>
お送りいただいた新居の写真が(食器棚)新居の中のどのスペースにあるかお伺いしたいです!また、気に入っているところなどもお願い致します。
また、以前の家に比べて、現在のお家はどのようなところが自分らしい住まいだと感じていらっしゃいますか?
 
 
食器棚はキッチンの横に置いています。
現在まだお引越しをして三日目なので、レイアウトは検討中で、現在はキッチンの横に仮置きしています。
 
今のおうちは建坪がたった8坪で、雑誌に出てくる誰もが憧れるような広いおうちではないのですが、コンパクトで合理的なおうちになったと感じます。
短い人生の中で、何に囲まれ、どんな空間で、誰と生きるのか。
そんな選択の集積こそが今のマイホームであり、私らしい暮らしの形だと思います。
しかしながら、家の所有はゴールではなくスタートなので、これから作り上げていく感じです。
 
ーーーーーーーーーー
 
いかがだったでしょうか?
 
かなり長文でお返事をしてしまった為、
 
添削が大変だったと思います^^;
 
ライターさんには本当に申し訳ないことをしてしまいました・・・^^;
 
 

皆様も、最後まで見ていただきありがとうございました

tomo

関連記事一覧