私が辞めた家事・思考

おうち

こんにちは、tomoです

皆様は、意識して何か辞めたことってありますか?

私は沢山あります。

意識しないと辞められなかったことも沢山あります。

例えば、

知人や親との付き合い。

私は気を遣って辞められなかったので、

お引越しまでしました。

 

何をしないかを選択するには、とても勇気が必要です。

失敗するかもしれない。

後悔するかもしれない。

嫌われるかもしれない。

しかし、辞めてみて見えてきたのは、

自分が大切にしたいことや、

本当にしたい理想の生活でした。

 

辞めて良かったこと

サクッとご覧になりたい方は動画をどうぞ↓

【動画内に出てきたアイテムたち】

アイアンハンガーラック

apart by lowrys タートルニット

ADAM ET ROPE’ モコモコアウター
同じデザインは完売しているのですが、似た感じのアウターが新たに発売されていました。

HOTPING ロングコート
同じデザインは完売しているのですが、似たデザインが新たに発売されていました。

apart by lowrys プリーツスカート
同じデザインは完売しているのですが、似たデザインが新たに発売されていました。

猫のハンカチ

お掃除ロボット ロボロック

ルームシューズ

水切りカゴ

布巾

キャベツスライサー

鍋 ストウブ

IHクッキングヒーター

オーガニック 昆布

ハンドミキサー

無添加 お味噌

エキストラバージンオリーブオイル

お塩

サイドテーブル

 

沢山のお洋服を持つ事を辞めた。

私は、お洋服がとても好きです。

しかし、人間の認知能力には限界があるので、

数あるモノの中から正しく比較検討する事はとても難しいです。

ストレスなく選択する為、3つぐらいに絞るようになりました。

冬のトップスは、ニットか厚手のシャツ。

アウターはロングコートやファーアウター。

スカートはプリーツスカート2種類の二択です。

絞り込むことで、

コーデで悩む時間はなくなりました。

 

重いバッグを持つことを辞めた。

重いバッグって、ストレスを感じませんか?

私がバッグに入れているのは、

リップ、ワイヤレスイヤホン、ハンカチ

あとは、ポケットにスマホを入れています。

昔は裁縫セットや絆創膏など、

周りの人が困った時に備えて持ち歩いている物もあったのですが、

今は100均やコンビニでもすぐに手に入るので、

持ち歩く必要性がなくなりました。

 

食器を拭くことを辞めた。

食器を濡れたまま放置しておくと

菌が繁殖してしまうと思っていました。

しかし、水切りかごの場合は菌が繁殖しはじめるより先に乾燥が始まるそうなので、

さほど気にしなくても良いそうです。

生乾きの布巾は特に菌が繁殖しやすいそうで、

自然乾燥のほうが衛生的なんだそうです。

 

掃除機をかけることを辞めた。

物を買う基準は、

時短になるモノ・必要なモノ・テンションの上がるモノ。

中でも大きな時間を生み出してくれているのが、

ロボット掃除機です。

同時に、お掃除のストレスまで減らしてくれました。

 

マット類を敷くことを辞めた。

キッチンやお手洗い・浴室に敷いていたマット類を辞めました。

お手入れの手間がかかったり、乾きにくかったり、意外と不衛生だったり・・・

なんとなく” あって当たり前 ”だと思い使っていましたが、

必要性に重きを置いて考えたところ、我が家には不要でした。

 

無駄なエネルギーを使うことを辞めた。

飲み会や付き合いでのごはん、

合わない人達との交流といった

無駄なエネルギーを使う事を辞めました。

人から好かれようとしたり、

無理に合わせたり、

期待に応えようとしたり、

オーバーワークをしたり、

反芻思考で自問自答したり、

そんな自分がとても嫌いでした。

” 役に立っていないと愛されない ”

そんな風に思っていました。

しかし今は、

いかに楽をして生きていけるか。

好きな事だけをして生きていけるか。

好きなモノに囲まれて生活ができるか。

今週は何本の韓国ドラマが見られるだろう。

夜は何の映画を見ようか。

次はどのアニメを見る?

私はこれからもそんな風に、生きていくと決めました。

 

運に頼ることを辞めた。

私は昔、雑誌を開けば

占いのページを一番に見る人でした(笑)

朝のニュースも占いだけは見る。

そんな、正に” 運任せ ”な人生です。

運が悪いと書かれていれば大人しく過ごし、

ラッキーカラーが赤だと書かれていれば、似合わない赤い服を着ていました(笑)

その頃の私は、「どうせ今回も上手くいかないし、失敗する。」

そんな風に考える事が癖のようになっていました。

本当に上手くいかなかった時に、傷付かない為です。

しかし、運や時間が解決してくれた事は、

自分の自信に繋がりません。

努力を重ね、自分自身で切り開いた成功体験だけが、

自分の自信になるのだと思います。

今の私は、「今回もきっと上手くいく。」

そんな風に思えるようになりました。

人生は自分次第だと思えた時、占いを見る事は一切しなくなりました。

 

" 安いから買う "を辞めた。

以前の私は、 安い = 可愛い

そんな風に思っていました。

安いし、とりあえず買っておこう。

そんな風にモノが増えていきました。

部屋にモノが溢れ判断能力も低下し、

その商品自体に魅力を感じているのか、

安い事に魅力を感じているのか、

よく分からなくなっていました。

「節約になるから安い物を買う。」

そんな思考でしたが、

安物買いをしたからと言って

生活は特に楽になった訳でもありませんでした。

安い・高いを基準にせず、

気に入ったものを買うようになった事で、

無駄遣いが大幅に減りました。

 

タイムスケジュールを辞めた。

私は、一日のやる事をノートに書いています。

以前までは、

午前中にこれをやろう

夕方までに片付けよう

そんな風に、細かい時間の縛りを作っていました。

今日できなければ明日やればいいし、

明日もやりたくなければやらない。

それが可能なスケジュールの組み方をするようになりました。

時間の縛りによる焦りや縛りが無くなった事で、

お仕事の質が上がっているように感じます。

何時までに○○しなければならない、といった

やる気に依存する形の働き方は、

そもそも私には合っていなかったように思います。

働きたくなったら働き、休みたくなったら休む。

今のペースが、自分には一番合っている。

そう思います。

 

小物を飾ることを辞めた。

私は、オブジェやフラワーベースが大好きです。

沢山飾りたいですが、

ホコリも溜まりやすく、

とにかくお掃除の手間がかかります。

思い切って手放したところ、

とても楽になりました。

もう少しお掃除が好きになったら、

また考えたいです。

 

洗濯物をたたむことを辞めた。

一日に10分洗濯物をたたんだとして、

一ヶ月5時間たたんでいることになります。

年間にすると、60時間もたたんでいることになります。

60分の韓国ドラマが、10話まで見られます。

私は、洗濯物をたたんでいる時間に、

何か得るものがあると思えませんでした。

洗濯物は普段着のお洋服以外を乾燥まで回し、

たたまずカゴに分類分けしています。

 

終わりに

自分にとって価値のある時間は、

自分にしか判断できません。

晩酌が重要な方もおられれば、

私のように” お酒を摂取することで摂取した栄養の半分が無駄になる ”と考える人間もいます。

キッチンマットがないと絶対にダメと感じる方もおられれば、

無い方が快適だと選択する方もおられます。

 

私はかなり偏った考え方をしてますので、

あくまでも参考程度に見ていただけますと幸いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

 

tomo

関連記事一覧