お肌が悪化する理由

健康
こんにちは、tomoです
 
 
今日は、
 
どうしてお肌が悪化してしまうのか?
 
原因について、
 
お話させていただければと思います。
 
 
 
本記事では、下記の内容を解説します。
 
 
 
■もくじ
1.お肌が悪化する理由
  1-1.お肌の悪化は2種類
  1-2.栄養を摂取してもお肌が治らない場合
  1-3.栄養でお肌が悪化するメカニズム
  1-4.お薬でお肌は治らなくなる
 
2.美肌への道
  2-1.私のお肌が改善するまでにかかった時間
  2-2.私のお肌が改善した方法

 

1.お肌が悪化する理由
 1-1.お肌の悪化は2種類

 

お肌の”悪化”には、2種類あります。

 

それは、

”ただ悪化しているだけ”

のパターンと、

”改善する為に悪化している”パターンの2種類です。

 

ただ悪化しているだけの場合、

その後の改善は努力をしなければ難しいです。

 

しかし、

”改善する為の悪化”は、

その後必ず良くなっていきます。

 

”改善する為に悪化させる”ことを目的にたっぷりの栄養摂取をした事で、

今の私のお肌があります。

酷い状態から、

ここまで改善しました。

 

 

 

  1-2.栄養を摂取してもお肌が治らない場合

 

現在、タンパク質・ビタミン・ミネラルを摂取なさっておられる方で、

なかなか効果が表れない方もおられると思います。

 

それは、

お肌や髪への栄養は身体にとって”後回しになる”からです。

 

身体は効率的に栄養を使います。

効率的にというのは、

”体を守る為にはどこから治す事が効率的か”

という事です。

 

まずは免疫に栄養を使い、免疫が4日程で強くなります。

免疫は4日で入れ替わる、という事です。

たっぷりの栄養があれば、

免疫は強くなります。

 

そして次に、内臓の修復に栄養が使われます。

 

こうして徐々にお肌に栄養が届くようになります。

 

しかし、この順序は人によってバラバラです。

肌に栄養が届きやすい方も中にはおられますが、

お肌に栄養が届きにくく、

お肌が良くなるまでに数年かかる方もおられます。

 

この個人差を、カスケード理論と言います。

 

  1-3.栄養でお肌が悪化するメカニズム

 

栄養の摂取を始めてすぐに

「お肌が乾燥します。」

「逆に悪化しました。」

と仰られる方々がおられます。

それで正解です。

 

お肌も内蔵も髪も爪もタンパク質をベースとするたっぷりの栄養で作り上げられています。

しかし栄養の摂取をしなければ、

身体は古くなったアミノ酸を再利用しタンパク質を作り出します。

そのアミノ酸には、ブドウ糖や老廃物が付着しており、

かなり汚れています。

そんなアミノ酸で出来たお肌を、

”自己のものである”と認めず、免疫が攻撃をするのです。

ですから、栄養の摂取”悪化した”と感じる事は

ごく自然な事です。

 

お肌の場合、悪化が波のようにきますので、

何度も悪化し良くなってを繰り返し、徐々にお肌が再生され強くなっていきます。

 

 

  1-4.お薬でお肌は治らなくなる

 

お薬の歴が長い方は、どうしても治りが悪いです。

それは、身をもって体感しました。

 

私は10代から胃薬を服用し、

30代に入りステロイド・抗生物質漬けになりました。

 

アトピーの方も、ステロイドが長いと完治までに非常にお時間がかかります。

これが”薬害”です。

 

逆に、お薬の長期使用がなかった方は、

非常に治りが早い傾向にあります。

 

傷口の周りには、

プロスタグランジンなどの成分が分泌されています。

プロスタグランジンは、神経を刺激し、

痛みを強く感じさせます。

痛みを強く感じさせる事と、傷の修復を同時に行います。

要するに、

痛みがなければ人は無理をしますので、

悪化させない為にも痛みが強く感じられるように出来ています。

 

プロスタグランジンの主な作用
一つ目 傷を修復するためにたっぷりの血液を送るため血管を開く作用
二つ目 痛みを強く感じさせる作用
三つ目 発熱させる作用

 

ここで痛み止め・かゆみ止めなどを使ってしまいますと、

プロスタグランジンの生成を抑え

痛みを取ると同時に

修復能力も抑制してしまいます。

修復能力を抑制するという事は傷が修復されませんので、

お薬を使い続ける事で、

どんどん治らなくなっていきます。

 

ステロイド以外のお薬であれば安全、という訳ではありません。

”対処療法全て”が該当します。

胃薬・プロトピック・風邪薬・かゆみ止め

更には、

スキンケアも対処療法に当てはまります。

”乾燥したから保湿する”

という対処療法です。

 

人間の身体は、思ったよりもずっと怠け者です。

外から入ってくる、なんとかしてくれる、と思ってしまうと

”自分で治そう”という力がたちまち薄れます。

 

ちなみに私は、スキンケアの変わりに下記を行っています。

➡ 私のスキンケア

 

スキンケア、という表現を使っていますが、

私の行う方法は、

お肌を根本から強くし、

次第に”何もしなくてよくなる”方法です。

 

2.美肌への道
 2-1.私のお肌が改善するまでにかかった時間

私は、お肌が改善するまでに1年

完治までに3年以上かかりました。

 

”酒さ”という皮膚病を患っており、

気温差の激しい場所や緊張状態によって

肌が真っ赤に火照るという症状が強くありました。

夏場のような気温の高い環境下では、

頬にチリチリとした痛みが出る事も多くありました。

 

現在は、下記のような状況でも

お顔が火照ったりといった事も無くなりました。

・涼しい場所から気温の高い場所への移動
・暑い車内
・晴れた日の屋外
・直射日光
・緊張状態
・満員電車の中

挙げればキリがありませんが、

現在は、顔の赤みで悩む事は無くなりました。

 

 

  2-2.私のお肌が改善した方法

 

タンパク質・ビタミン・ミネラルを効率よく摂取する事で、

お肌は作られます。

お肌は、食べたものでしか作られません。

栄養の摂取無くして

美肌になる事は難しいと思います。

 

私が摂取しているタンパク質・ビタミン・ミネラルを記載させていただきます。

 

お勧めのプロテイン

ファインラボ プレーン(4.5kg)

ファインラボ プレーン(2kg)

ファインラボ プレーン(1kg)

私は、4.5kgを常備しています。

 

摂取方法は、味付きのプロテインと混ぜたり、

コーヒーや紅茶に混ぜて摂取しています。

ファインラボ ミルクココア(1kg)

ファインラボ ミルクココア(2kg)

ファインラボ ストロベリー(1kg)

ファインラボ ピーチオレンジ(1kg)

ファインラボ ピーチオレンジ(3kg)

ファインラボ キャラメルラテ(1kg)

ファインラボ キャラメルラテ(3kg)

 

お勧めのビタミン・ミネラルサプリ

ビタミンC

ビタミンD3

鉄分

ビタミンE(どちらでも*)
https://iherb.co/edPwsJ9d
https://iherb.co/dgVTXqDv

ビタミンB1

ビタミンB6

ビタミンBコンプレックス

亜鉛(どちらでも*)
https://iherb.co/2JSDQu2n
https://iherb.co/KkBWDwBv

ビタミンA(どちらでも*)
https://iherb.co/myNw29Tp
https://iherb.co/LcUbPsqG

マグネシウム

ビタミンD&K

セレン

ナイアシン

アスタキサンチン(どちらでも*)
https://iherb.co/E6UdCj47
https://iherb.co/KAMXbvLP

胃の弱い方には、EAAがお勧めです。
EAAはプロテインの8倍の効果があると言われています。
胃の弱い方はプロテイン・EAAで体調不良になります。
それは、長年のタンパク質不足により
タンパク質をうまく代謝できないからです。
始められる方は、少量から始めてみてください。

私のお勧めのEAAはこちら
EAA(必須アミノ酸・プレーン味)

EAA(必須アミノ酸・ゆず味・ピンクグレープフルーツ味)

My proteinは、ゆず・ピンクグレープフルーツを買っています。
上記サイトで”EAA”で検索してみてください。

iherb EAAはノンフレーバーでとてもマズイので、
My proteinのEAAと混ぜて摂取しています。
お水・お湯、どちらもOKです。

注意:My proteinのEAAはアスリート向けでロイシンが多めである為、
   体調不良を起こされる方がおられるそうです。
   私は最初、1gから始めて様子を見ました。
   現在は、下記EAAのみ摂取を行なっています。

EAA(必須アミノ酸・プレーン味)

【どうしてもお菓子が食べたい方へ*】
低糖質なプロテインチップスはいかがでしょうか?*

プロテインチップス バーベキュー味

プロテインチップス ナチョチーズ味

プロテインチップス ランチ味

プロテインチップス チリライム味

【参考図書を一部ご紹介させてください】

オーソモレキュラー医学入門

ビタミンD革命

必須ミネラル「亜鉛」超健康法

ビタミンC健康法

医学常識はウソだらけ

老化と活性酸素

食品の正しい知識

ビタミンE健康法

成人病は予防できる

すべての不調は自分で治せる

ガンは予防できる

誰でもできる 頭のよくなる習慣

脳細胞は甦る ボケ、老化を防ぐ「脳の健康法」

賢脳食

薬を辞めると病気は治る

「うつ病」は99%誤診だった!

心理学に行く前に食事を変える

停止する主食と健康食品

統合失調症を治す

卵を食べれば全部良くなる

小麦を食べるな!

インスリンに頼るのを辞めなさい

ケトン食がガンを消す

Noでアンチエイジング

 

摂取量・飲み合わせにつきましては、

しっかり学んだ上で実践していただきたいと考えておりますので、

noteにて有料でお伝えしております。

 

➡ ニキビ・肌荒れ・乾燥を根本解決!*美肌になる方法*

➡ 2020最新版!タンパク質の摂取量・摂取方法

 

今回のブログは以上になります

参考になりますと幸いです

 

tomo

関連記事